デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

ジョン&マリー社長のやっと言えた誕生秘話|愛とは何か?

 

4年前に書いた『ジョン&マリー誕生物語』をもう一度、詳しく書き直してみた。

以前は、まだまだ恥ずかしくてかけない事や言えないことも、今は言えるになったから。

少しは自信がついたのだと思う。

 

ジョン&マリー社長「ジョン・サンデー」のブログへ、ようこそ!

 

人生にはいくつかのターニングポイントと、これまでの出来事を整理する時がある。

 

僕の場合は離婚後の5年前の2月4日と2021年の今日という日です。

 

この一枚の写真からJohn &maryは始まりました。

実は

5年前の2月4日までに仕事又は目標が決まらなければ、日雇いの労働者かコンビニのアルバイトをしようと思っていた。

 

離婚し仕事も辞め貯金も渡し、残ったお金で1年間世界を旅して、お金も殆ど使い果たしていた。

 

「ジョンマリの社長さんって、お金持ちなんでしょ!」

 

僕のことを金持ちだから、「悠々自適でそんな事できるんでしょ!」とい人がいるけど、そうじゃない。

 

運命とは、不思議で面白い!

 

そして、2月4日の朝。

日雇いのアルバイト先に電話しようと思った時に、ひらめいた。

 

ラブローション?

俺が?

ラブローションって何

は〜?

そんな感じのスタートだったと思う。

 

その形のない小さなヒラメキだけを信じて、企画書を徹夜で3日間で仕上げた。数日後、10年前にお金を貸していた方から150万円、いきなり返済が届いた。

 

次に偶然7年ぶりと、25年ぶりにカフェでバッタリ再開した高校の同級生にこれまでの経緯を話し、企画書を見せて100万円の出資してもらった。

 

そして、

3日間で書いた50ページの企画書と350万円を持って銀行に2000万円の融資をお願いした。

 

担当者との2時間半の長い長い面接の後、80%の融資が下りた。

 

その時、55歳。

娘からは、『パパ55歳だからGOGOだよ!』と激励された。笑。

 

 

間もなくラブローションの開発が始まったが、実は全ての化粧品会社から製品開発を断られた。

 

相手にされなかった!

 

理由は、

ラブローションだから。

オーガニックだから。

小さな会社だから。

ズブの素人だから。

僕の年齢がかなり高齢だから。

そんな理由からだったと思う。

 

 

オーガニック?そんなもの作っても儲かりませんよ!

 

女性は馬鹿だから、ヒアルロン酸とかブラセンターとかコラーゲンとか入れとけば、売れますよ!

 

中身なんて、なんでもいいんですよ。

ラベルと容器だけオシャレに立派なものにしとけば売れますから!と。

大手の化粧品会社にからかわれた!

 

何十社と問い合わせたけど、全て断れた。

 

 

途方に暮れた時、

大丸のデパートに行け!と言う声が突然、空から聞こえてきた。(不思議なことが)

 

時刻は夕方の5時半、声の言うままに福岡市の天神にある大丸のデパートに行くと!

 

後30分で終了。

1週間だけの小さなイベントの最終日だった。

もうあと少しで閉店という時間。

一個だけの小さなワゴンでオーガニックcosmeの紹介イベント!

だれもが通り過ぎるくらいの小さなコーナーだった。

 

でも!

そのワゴンの中を見た瞬間、

「あ!」この会社だと確信できるものがあった!

 

次の日、その小さな会社に連絡すると、実は明日は博士が博多に出張なんですよ!と言う。

 

奇跡だ!

奇跡が起きた。と感じた瞬間だった。

 

それが今

ジョンマリのsexualコスメを開発してくれている博士との出逢いなんです

 

実は銀行融資の決め手は!
2時間以上の長い面接、このままでは融資が下りない。そう思った瞬間、
日本の少子化問題は、私が解決します!と豪語したんですね。
その一言で最終的に融資が下りた。(笑)
博士との出逢いから商品開発が始まったのですが、
最初のブランド名は、John &lilyだった。
「ジョン」は僕の本名からとり、「リリー」は、娘の名前。これにしようと娘に連絡したら、元嫁から猛烈に怒られた。
あちゃー、
また怒られた。どうしよう?
それで思い出したのが
mary
小学生3年生の頃から、マリーという名前がなぜか?好きったから!
理由は分からないけど
そしてJohn &Maryが誕生したんですね。
名前が決まり商標も取り、ネットでJohn &Maryの意味を調べていたら、僕が生まれた1960年にジョン&マリーという映画があった。
そして、
キリスト教ではJohnは、聖者と言う意味があるらしい。
maryは、聖女と言う意味だという事が分かった。
もう一つ
Johnには、別の意味があって、それは男の性器なのだそうだ。そして、maryは女性の性器と言う意味があると言う事が分かったときは、実際、鳥肌でめちゃくちゃ驚いた!
これは運命なのか?
僕はこの仕事をする為に、これまでの人生の経験が必要だったのだろうか?
そう思った瞬間だった!
運命は決まっている。とスピリチュアルな世界ではそう言うが、ほんと?
でもこの時ばかりは、そう思えた。
愛と性とスピリチュアル?
これが今世、僕の仕事であると。
55年か?
長すぎる〜よ
もっと早く教えてよ。
神さま〜
 そんな気分だった。
スケートの浅田真央さんや、女優の芦田愛菜ちゃんのように、10代で人生の道を決めて、歩いている人もいれば、僕のように55歳になって、ようやく始まる人生もあるだと思った。
だから何があっても慌てることはないし、失業しようが、失恋、離婚しようが、コロナだろうが、大丈夫!
未来は明るい!と言える。
それから、
第1回目のラブローションの商品サンプルが博士から届き、知人にサンプルを使ってもらった。
そして、それが思いがけない事態になった!
あちゃー!
どうしよう?
こんな中で生まれた日本初のオーガニック・ラブローション専門ブランドなのです。
デリケートゾーンケア
バストケア
ヒップ&レッグケア
膣トレ インナーボール
あれから5年が経ち、今は”SEXUALコスメ”のブランドとして商品ラインナップも増えた。
 2021年からは、Sexualウェルネスとして「膣トレ」のアイテムも発売する。
男と女が心から愛し合う為のコスメ。それがジョン&マリーの願いだから!
 
最後に
セックスという言葉を使うことに、恥ずかしいと言う気持ちは今でもあるが、それを乗り越えたからここまで来ることが出来たと思う。
愛と性はどんなにAIが進もうが、バーチャルな世界になっても一番大切な行為だと思う。
生身の人間同士が言葉を交わし惹かれ、何かのきっかけで肌を触れ合う。
キスをして、徐々に心をオープンにして愛し合う。
そこには理論やテクニックや哲学なんていらない。
 あるがまま、本能のままに
本気なら薄ぺっらな小細工も邪魔になる、心の感じるままに目の前にいるその人を愛する。
夢中になって、心が溶けあい二人がひとつになる。
 
つながる
 
それが愛だと思う。
 
愛することの素晴らしさを、もう一度思い出して欲しい。
それが産まれてきた意味だと思うから。
恋する楽しさ!
愛されている喜び!
愛する人がいる嬉しさ!
感じあう豊かさを
伝えたい。
ジョン&マリーはいつまでも、愛を伝えたる会社でありたいと願います。
皆さまに、愛と感謝を込めて
今年も一年間宜しくお願いいたします。
JOHN&MARY ORGANICS
ジョン・サンデー

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ