デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ


恋愛のお悩み lovelessen - 恋愛のお悩み

【彼女がほしい男性必見】女性を説得するたった3つのテクニック

 

女性は口説かれたい、それが本音


女性は口説かれるのが大好きです。

 

だから女性を口説くことは男性としてのマナーであり、いい男のルールだと思います。

ところが最近では女性を口説けない、声をかけられない男性が増えてきていると、NHKのある番組で紹介されていました。

 

声を掛けている男性はモテる。

有名な言葉に『美人の横に座れるのは美人に声をかけた人だけ』という名言があります。

声をかけることはとても勇気がいることですが、それを乗り越えて素敵な女性をものにする。それが恋愛の醍醐味だと思います。

 

皆さんはどう思いますか?

今日は【女性を説得するたった3つのテクニック】をお伝えしたいと思います。

 

 

女性は口説かれたい!女性を説得するたった3つのテクニック


1.具体的に表現すること!

女性は基本的に安心感がほしい。女性は不安を取り除いてくれる男性に好感を持つものです。

具体的に言うと、「また連絡するよ」と言われるよりも「来週の水曜日に電話するね」と言われるほうが女性は安心するのです。

 

「また連絡するよ」という言葉は、女性に対しては最悪の表現方法です。女性はあいまいさが何よりも嫌いなのです。

女性からすれば、「もう会いたくない」と言っているようにも受け取られるのです。その女性を失いたくないと思っているのなら、こういう表現方法は絶対にしないこと。

 

女性は具体的にイメージする表現方法が何よりも安心するのです。

 

 

2.イメージが浮かぶような伝え方をすること!

「今夜、電話するから」よりも「今夜の10時に必ず電話するからね」と言ったほうが女性はイメージがしやすい。

そうすればお風呂をすませて準備もできる。女性を説得するとき、相手がイメージしやすい表現方法で伝えてあげることが男の優しさだと思います。

 

仕事でも「終わったら帰っていいいよ」「適当に仕事片づけたら帰っていいよ」と言われると女性はさっぱりわからない。

「え!どこまですればいいの?」と、逆に反発を食らうだけです。

 

賢い男性なら、「あと2時間やってくれたら帰っていいよ」とか「ここまでやってください」と具体的に言って、女性がきちんとその枠内で頑張れるようにしてあげてください。

 

 

3.女性を説得するには小声で話すこと!

女性はとても繊細なので、大きな声よりも小声でゆっくりと話された方が好感を持ちます。

大声でガンガンやると、話の内容に関係なく女性には「ガサツな男」に映ってしまいます。

 

「この人は私の趣味じゃない」「こんなタイプは苦手」と最初の段階で嫌われてしまいます。

 

女性はある意味、常に説得されたがっている部分があります。口説かれるのが好きで「いかに自分をいい気持ちにさせてくれるか」を男性に求めています。そんな理想的な男性を楽しみに待っていると思ってください。

 

自分をいい気持ちにさせてくれる、そんな男性との出会いを楽しみにしているのです。

 

小声で低い声を出すというのは心理学的にも繊細で知的な人だと判断されます。また大きな声で話してしまうとバカで軽率な人とみられます。小声で話すことは女性が安心する要素のひとつです。

 

 

最近、彼女(妻)と上手くいってないなぁと感じているのなら、この3つのテクニックを使ってみてください。いい関係に戻れるかもしれません。

男にとって、女性を安心させることが何よりも大切なことなのです。

 

女性の心に中にあるモヤモヤや不安を解消してあげること!

そして、男性は恋人(妻)を説得しようとする時「愛している」という言い方をしますが、でもこれはあまり説得力のあることではないようです。

なぜなら、漠然としているから。

 

具体的にどう愛しているのか?または愛している結果としてどうなるのか?

それが女性が知りたいことなのです。

 

 

女性の自尊心を大切にしていますか?


自尊心は自分自身を評価するうえで最も大切な要素ですが、女性は他人からの評価でそのありようが大きく左右されるのが特徴です。

 

自尊心は誰もが持っているものです。「持っていない」という人でも自分の価値観を否定されるとムッとくるものです。

 

個人が心のよりどころにしているものを他人から意見されることで、自分の存在自体が揺らいでしまう。いままで自信を持っていた考え方や誇らしい自分が維持できなくなる。自尊心を傷つけられることは精神的な危機を招くものなので、誰もが敏感に反応してしまうのです。

 

こちらが傷つけたつもりでなくても、傷つけてしまうことがあります。とくに男性は女性の自尊心に疎く、知らずに傷つけていることがよくあります。

 

もし、男女の仲でいつもなぜか上手くいかないと思っている男性は、女性の自尊心という観点から見つめてみることをお勧めします。

ちょっとした言葉の使い方で女性の自尊心を傷つけていないか?確認してみることも男女の関係を続けていくには必要な作業です。

 

もし相手がOKなら、一度聞いてみるといいかもしれません。

「僕の言葉、君の自尊心を傷つけていないかな?」「もし傷つけていたならゴメンね」

そう言えば、大抵の女性はその一言で許してくれるはずです。

 

女は『女』を否定されたら生きていけない


男と女の違いは?

 

男の自尊心は仕事、地位、名誉、財産、趣味や才能などに向かうものです。何か一つでも自分を誇れるものがあれば、男は何とか生きていけるのです。

 

女性の場合は、男と違って自分自身に集約されるようです。つまり、自分自身の身体的魅力によりどころを求める。

 

男は外見的な「いい家に住んでいる」「いい車に乗っている」「役職」など、人に評価されることで満足します。

かたや女性は年齢や若さ、容姿、スタイルといった「女として部分」の領域が大切で、そこを否定されたり中傷されると男以上に怒ったり、自分の殻に閉じこもったりしてしまう傾向があります。

 

男は多少プライドを傷つけられても大丈夫ですが、女性には個人的なプライドを傷つけることは避けた方が賢明です。

 

セックスにおいても女性はかなり敏感で、カラダを褒められると内心は嬉しいものです。

ですから、必ずセックスの際には女性のカラダを隅から隅まで褒めること。それも具体的に「君のカラダはきれいだね」「肌がしっとりとしてとても気持ちイイね」と褒めてあげると、女性としてのプライドがくすぐられて、よりエクスタシーに到達しやすいものです。

 

ポイントは、必ず女性の目を見て小声でゆっくりと語ること。

それだけで女性は大切にされていると感じるのです。目と目を合わせることで女性は男性の真意をつかみたいと思っているので、必ず目を見て「僕はアナタは大切にしているよ」と感じてもらうことが何よりも重要です。

 

 

女性にとって目は大切な伝達手段


目というのは、想像以上に力があります。

 

女性が何か言ったときに、顔を見ないで返事するのは女性が一番嫌うこと。

男なら目にこだわる!女性は男よりもはるかに目で訴えかけているのです。

 

目であなたの心を表現してあげてください。女性を安心させてあげてください。二人で素晴らしいセクシ―ライフをエンジョイしてください。女性を幸せにすること、それがいい男の役目です。

“LOVE


“LOVE




ランキング

ページトップへ