デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ


恋愛のお悩み lovelessen - 恋愛のお悩み

恋愛のマナーについて│愛され方がわからない女性たち

 

恋愛のマナーについて考えたことはありますか


皆さん、愛しあっていますか?

愛はいったいどこから来るのか?

そんなことを、誰でも人生の中で一度は考えたことがあると思います。

でも誰にもわからない!

 

 

愛し方にはマナーがある、愛され方にもマナーがある


今日は女性の扱い方を間違っている男について。

 

ラブローションの社長として、男女の研究をしているといつも思うことがあります。

汚い指で女性を触る男、十分な愛撫をしないうちから挿入する男、女性の愛し方を間違っている男性が多いように思います。

 

すぐに女性の性器を触る男もいます。できれば、性器から遠く離れた髪の毛をゆっくりとなでたり、女性の唇を軽く指一本でさわったりするような愛し方のカレであれば、とても素敵な男性だと思います。

 

セックスは女性を大切にする行為、残念ですがその行為がおろそかにされている。女性にとって、これほど悲しいことはないと思います。

 

女性は愛されたい願望が強いもの、愛されているという実感がほしい。愛されたいというのは男女問わず、人の基本的な欲求です。

なにがあっても愛する。それは理想の愛の形ではあるけれど、その道のりは果てしなく遠いと思う。

 

愛して、愛して、愛してただ愛する。何も見返りを求めないのが愛だと解っているけれど、人はやはり愛されたい。愛して、疲れた時にはやはり優しく接してほしい。

 

やっぱり、愛されたい。

 

だから、愛されるには愛されるマナーを知っておくと相手も負担なく愛することができます。愛し方にもマナーがあるけれど、愛され方にもマナーがある。

 

 

愛され方のマナー


愛され上手になる必要はないと思いますが、マナーは守ったほうがいい。時折、愛され方の下手な人を見かけます。

 

自ら愛することをしないで、愛されることだけを願うのは幼稚な大人がすること。

 

でも、恋は駆け引き。上位に立った方が優位だと言う人もいる。

愛には駆け引きは通用しないと解っているのに、それに安住して愛を育てない人は、愛される価値がないと思います。

 

愛されていることが解っているのなら、お互いに愛を成長させていくこと、その努力が必要です。愛という花に水を注がないで、放置していると愛の花は枯れてしまう、そのことを知らない男女がいるようです。

 

相思相愛も水を注がなければいつか枯れてしまうもの。その経験を味わった人ならわかると思います。

 

 

愛は育てていくもの


愛は育てていくものです。

愛は時には刃物のように人を傷つけることもありますが、傷つくことを恐れては前に進めないこともあります。

 

愛とは『与える喜びを知ること』

愛されるとは『与えられている幸せを知ること』

 

愛され方のマナーとして一番よく問題になるのが、愛されているからと自分の方が優位になって、些細なことで嘘をついてしまうこと。面倒だから!詮索されたくないから!つい。

 

とても小さな嘘で二人の仲が壊れることはよくあるものです。人は愛されているという安心の中にいると、その愛が解らなくなるものです。

 

一度の人生をどう生きるのか?それはあなた次第。

愛は素晴らしい出来事。

 

僕たちの会社『ジョン&マリー』はラブローションを通して愛を伝える仕事です。

 

あなたは今日どんなことで彼に愛を伝えますか?彼女に愛を伝えますか?

そして、あなたはどんな愛され方をしますか?

ぜひ、素敵な愛され方を演出してみることをおすすめします。

 

大人の恋愛なら、オシャレな愛され方のマナーを心得ておくことはとても大切なことです。愛され方のマナーを知って、人を愛する。大切な人を失う前に!いつでも自分に素直に、正直に、楽しく愛し愛されたいものです。

 


“LOVE


“LOVE




ランキング

ページトップへ