恋愛のお悩み lovelessen恋愛のお悩み

恋愛の悩み

  女性は口説かれたい、それが本音 女性は口説かれるのが大好きです。   だから女性を口説くことは男性としてのマナーであり、いい男のルールだと思います。 ところが最近では女性を口説けない、声をかけられない男性が増えてきていると、NHKのある番組で紹介されていました。   声を掛けている男性はモテる。 有名な言葉に『美人の横に座れるのは美人に声をかけた人だけ』という名言があります。 声をかけることはとても勇気がいることですが、それを乗り越えて素敵な女性をものにする。それが恋愛の醍醐味だと思います。   皆さんはどう思いますか? 今日は【女性を説得するたった3つのテクニック】をお伝えしたいと思います。     女性は口説かれたい!女性を説得するたった3つのテクニック 1.具体的に表現すること! 女性は基本的に安心感がほしい。女性は不安を取り除いてくれる男性に好感を持つものです。 具体的に言うと、「また連絡するよ」と言われるよりも「来週の水曜日に電話するね」と言われるほうが女性は安心するのです。   「また連絡するよ」という言葉は、女性に対しては最悪の表現方法です。女性はあいまいさが何よりも嫌いなのです。 女性からすれば、「もう会いたくない」と言っているようにも受け取られるのです。その女性を失いたくないと思っているのなら、こういう表現方法は絶対にしないこと。   女性は具体的にイメージする表現方法が何よりも安心するのです。     2.イメージが浮かぶような伝え方をすること! 「今夜、電話するから」よりも「今夜の10時に必ず電話するからね」と言ったほうが女性はイメージがしやすい。 そうすればお風呂をすませて準備もできる。女性を説得するとき、相手がイメージしやすい表現方法で伝えてあげることが男の優しさだと思います。   仕事でも「終わったら帰っていいいよ」「適当に仕事片づけたら帰っていいよ」と言われると女性はさっぱりわからない。 「え!どこまですればいいの?」と、逆に反発を食らうだけです。   賢い男性なら、「あと2時間やってくれたら帰っていいよ」とか「ここまでやってください」と具体的に言って、女性がきちんとその枠内で頑張れるようにしてあげてください。     3.女性を説得するには小声で話すこと! 女性はとても繊細なので、大きな声よりも小声でゆっくりと話された方が好感を持ちます。 大声でガンガンやると、話の内容に関係なく女性には「ガサツな男」に映ってしまいます。   「この人は私の趣味じゃない」「こんなタイプは苦手」と最初の段階で嫌われてしまいます。   女性はある意味、常に説得されたがっている部分があります。口説かれるのが好きで「いかに自分をいい気持ちにさせてくれるか」を男性に求めています。そんな理想的な男性を楽しみに待っていると思ってください。   自分をいい気持ちにさせてくれる、そんな男性との出会いを楽しみにしているのです。   小声で低い声を出すというのは心理学的にも繊細で知的な人だと判断されます。また大きな声で話してしまうとバカで軽率な人とみられます。小声で話すことは女性が安心する要素のひとつです。     最近、彼女(妻)と上手くいってないなぁと感じているのなら、この3つのテクニックを使ってみてください。いい関係に戻れるかもしれません。 男にとって、女性を安心させることが何よりも大切なことなのです。   女性の心に中にあるモヤモヤや不安を解消してあげること! そして、男性は恋人(妻)を説得しようとする時「愛している」という言い方をしますが、でもこれはあまり説得力のあることではないようです。 なぜなら、漠然としているから。   具体的にどう愛しているのか?または愛している結果としてどうなるのか? それが女性が知りたいことなのです。     女性の自尊心を大切にしていますか? 自尊心は自分自身を評価するうえで最も大切な要素ですが、女性は他人からの評価でそのありようが大きく左右されるのが特徴です。   自尊心は誰もが持っているものです。「持っていない」という人でも自分の価値観を否定されるとムッとくるものです。   個人が心のよりどころにしているものを他人から意見されることで、自分の存在自体が揺らいでしまう。いままで自信を持っていた考え方や誇らしい自分が維持できなくなる。自尊心を傷つけられることは精神的な危機を招くものなので、誰もが敏感に反応してしまうのです。   こちらが傷つけたつもりでなくても、傷つけてしまうことがあります。とくに男性は女性の自尊心に疎く、知らずに傷つけていることがよくあります。   もし、男女の仲でいつもなぜか上手くいかないと思っている男性は、女性の自尊心という観点から見つめてみることをお勧めします。 ちょっとした言葉の使い方で女性の自尊心を傷つけていないか?確認してみることも男女の関係を続けていくには必要な作業です。   もし相手がOKなら、一度聞いてみるといいかもしれません。 「僕の言葉、君の自尊心を傷つけていないかな?」「もし傷つけていたならゴメンね」 そう言えば、大抵の女性はその一言で許してくれるはずです。   女は『女』を否定されたら生きていけない 男と女の違いは?   男の自尊心は仕事、地位、名誉、財産、趣味や才能などに向かうものです。何か一つでも自分を誇れるものがあれば、男は何とか生きていけるのです。   女性の場合は、男と違って自分自身に集約されるようです。つまり、自分自身の身体的魅力によりどころを求める。   男は外見的な「いい家に住んでいる」「いい車に乗っている」「役職」など、人に評価されることで満足します。 かたや女性は年齢や若さ、容姿、スタイルといった「女として部分」の領域が大切で、そこを否定されたり中傷されると男以上に怒ったり、自分の殻に閉じこもったりしてしまう傾向があります。   男は多少プライドを傷つけられても大丈夫ですが、女性には個人的なプライドを傷つけることは避けた方が賢明です。   セックスにおいても女性はかなり敏感で、カラダを褒められると内心は嬉しいものです。 ですから、必ずセックスの際には女性のカラダを隅から隅まで褒めること。それも具体的に「君のカラダはきれいだね」「肌がしっとりとしてとても気持ちイイね」と褒めてあげると、女性としてのプライドがくすぐられて、よりエクスタシーに到達しやすいものです。   ポイントは、必ず女性の目を見て小声でゆっくりと語ること。 それだけで女性は大切にされていると感じるのです。目と目を合わせることで女性は男性の真意をつかみたいと思っているので、必ず目を見て「僕はアナタは大切にしているよ」と感じてもらうことが何よりも重要です。     女性にとって目は大切な伝達手段 目というのは、想像以上に力があります。   女性が何か言ったときに、顔を見ないで返事するのは女性が一番嫌うこと。 男なら目にこだわる!女性は男よりもはるかに目で訴えかけているのです。   目であなたの心を表現してあげてください。女性を安心させてあげてください。二人で素晴らしいセクシ―ライフをエンジョイしてください。女性を幸せにすること、それがいい男の役目です。

>記事を読む

心さえ豊かなら、幸せな恋も愛もすべて引き寄せられる 『この世は嫌な事を笑いに変えるゲームだから』本当にそう思います。   別れた大切な相手でも、過去への執着がクリアであれば、またお互いを引き寄せるものです。   不思議な縁がまた巡り巡ってくる。過去への執着を手放して、未来の心躍る幸福に目を向けると、縁がまた巡ってくる。   いつも思いますが、恋も愛も人間関係も、いまのあなたに一番必要な人が引き寄せられる。     人が巡りあう理由は誰にもわからない 経験から言うと、過去へのこだわりや執着が無くなれば、別れた相手でもまたいい感じで再開できるようです。理由はわかりませんが、不思議です。   人との関係は誰にもわかりません。 つい先日まで仲の良かった夫婦が、いまやお互いに弁護士を通さないと会話できないほど険悪になっている。そんなことも世間にはよくあることです。   未来のことなど誰にもわかりません。 『少しくらいはわかるでしょ?』といわれても、本当は誰にもわかりません。人と人との関係、お互いの心境の変化など。なぜそうなるのか、自分でもわからない。     人が変わるワケじゃないけれど、性格が変わるワケでもないけれど、その日は突然やってきます。 ある言葉やある仕草が気になったり、何気ない一言でまったく気が合わなくなったりします。あのときは仲が良かったけれど、今はLineもFacebookもブロック。   音信不通、なんで?と思うこともあります。   嫌いになったわけじゃない。ただあなたと一緒にいることに彼(彼女)が価値を見出さなくなった。 だから相手が離れていっても気にしないこと、追ってもしょうがないから。だって、向こうはあなたと過ごすことを望んでいないのだから。   そんな相手を無理矢理つかまえて、なんで?と問い詰めたところで嫌われるのがオチです。大人しく受け入れていくほうがアナタの未来のためには、健康的です。   頭では分かっていますが、それがなかなか受け入れられないのが人の気持ちです。 時間が解決する。それが一番の答えですが。     心の充電器を満タンにしよう 大切なことは、一日も早く心を豊かにすることです。 心が満たされていれば、幸せな恋も愛も彼もお金もすべて引き寄せられます。あなたがすることは「心の充電器を満タン」にすること、それだけに集中すること。   なかなかできませんが、経験からいうとこれしかありません。     人はいつどこで誰と出会うのか 本当にお互いが必要としあえば、また出会えます。今はお互い別の道を歩むことが必然になっただけです。   いずれ、また出逢うタイミングが合うことがあるかもしれません。縁ある人とはまた会えます。縁があれば結ばれます。   『人生は縁ある人と結ばれる』   『いつどこで誰と出会うのか?』 それは誰にもわかりません。   考えてみれば、相手が離れていくこともあれば、自分のほうから離れていくこともあります。理由を求められたり、追いすがられたりしたところで、納得できる説明ができないのが恋愛というものです。     別れがあるから出逢いがある 別れがあるから出逢いがあります。   『去った人への執着を手放す』   なかなか出来きませんが、去った人と縁があるのなら、また出会えるものです。   だから!執着を手放す!   そして辛い別れのあとには、大きな幸福が待っているものです。   魅力ある人はいつも未来に向かって今を生きている人。自分の心の中をのぞいて、過去に心があるのなら、手放す勇気を持ちましょう。   心さえ豊かなら、大切なものはすべて引き寄せるから。   過去の執着が無くなれば、幸せな恋も愛もすべて引き寄せられます。   たまにはお美味しい料理と音楽と自然の中にふれて、あなたの心を満たしてあげてみてください。 きっと、いいことが必ずおこります!     世界はラブソングで出来ている! 人生を複雑にしていませんか?僕たちの持ち時間は意外と短いのに!   仕事で色んな街へ行くことが多いのですが、どの街のカフェにいても流れてくるのはラブソング。耳を澄まして誰かが聞いている。   そんな時にふっと思うことは?   恋も仕事も人生も、色々とあるけど意外と適当でいいんだ!あまり深く考えすぎないこと。マジメすぎても上手く行かないし、不真面目すぎると面白くない。そんなことを思うことがあります。   好きな人とのセックスが楽しくなかったり、尽くし過ぎて疲れたり。もっと、楽になっていいと思う。     一度きりの人生、あなたならどんなラブソングを書いてみたい?   最後はハッピーエンドがいいに決まってるけど、それまでにはちょっとしたケンカや辛い別れがないとラブソングも盛り上がらない。そして最後はHAPPYに。   今こうしている最中にもカフェの音楽はやっぱりラブソング。泣いているあの子も、おしゃべりしているあの子も、みんなLOVEソングを聞いている。   #心の中をみて愛を見つけるんだ。 予定なんて、解放してしまえば、僕らは自由になれるんだ。 愛されること、愛すること。 複雑にすることはないんだ#   なんて音楽が聞こえてきます。     恋が楽しくない?恋を楽しむためには、何が必要? 心を複雑にしないことだと思う。   もっと、簡単でイイ。もっとシンプルでイイ。恋のテクニックは必要だけど、学びすぎて時間とチャンスを逃がさないように。 つながりを感じたなら、思いきって前に進んだ方がいいと思う。   #恋人同士(夫婦)でも休息することは大切なこと。素直になってごめんと言えば、元に戻れるのに。 本当は御免と言いたいけど、それが言えない#   素直になることがこんなに難しいなんて。でも、ほんとはとても簡単でシンプル。   世界はラブソングで出来ている!       最後に この世の中はイヤなことを愛と笑いに変えるゲームだから。   大丈夫! 私は素晴らしい!素敵だ!もう最高!   そう思って、言葉に出して行動してみてください!  

>記事を読む

  恋愛のマナーについて考えたことはありますか 皆さん、愛しあっていますか? 愛はいったいどこから来るのか? そんなことを、誰でも人生の中で一度は考えたことがあると思います。 でも誰にもわからない!     愛し方にはマナーがある、愛され方にもマナーがある 今日は女性の扱い方を間違っている男について。   ラブローションの社長として、男女の研究をしているといつも思うことがあります。 汚い指で女性を触る男、十分な愛撫をしないうちから挿入する男、女性の愛し方を間違っている男性が多いように思います。   すぐに女性の性器を触る男もいます。できれば、性器から遠く離れた髪の毛をゆっくりとなでたり、女性の唇を軽く指一本でさわったりするような愛し方のカレであれば、とても素敵な男性だと思います。   セックスは女性を大切にする行為、残念ですがその行為がおろそかにされている。女性にとって、これほど悲しいことはないと思います。   女性は愛されたい願望が強いもの、愛されているという実感がほしい。愛されたいというのは男女問わず、人の基本的な欲求です。 なにがあっても愛する。それは理想の愛の形ではあるけれど、その道のりは果てしなく遠いと思う。   愛して、愛して、愛してただ愛する。何も見返りを求めないのが愛だと解っているけれど、人はやはり愛されたい。愛して、疲れた時にはやはり優しく接してほしい。   やっぱり、愛されたい。   だから、愛されるには愛されるマナーを知っておくと相手も負担なく愛することができます。愛し方にもマナーがあるけれど、愛され方にもマナーがある。     愛され方のマナー 愛され上手になる必要はないと思いますが、マナーは守ったほうがいい。時折、愛され方の下手な人を見かけます。   自ら愛することをしないで、愛されることだけを願うのは幼稚な大人がすること。   でも、恋は駆け引き。上位に立った方が優位だと言う人もいる。 愛には駆け引きは通用しないと解っているのに、それに安住して愛を育てない人は、愛される価値がないと思います。   愛されていることが解っているのなら、お互いに愛を成長させていくこと、その努力が必要です。愛という花に水を注がないで、放置していると愛の花は枯れてしまう、そのことを知らない男女がいるようです。   相思相愛も水を注がなければいつか枯れてしまうもの。その経験を味わった人ならわかると思います。     愛は育てていくもの 愛は育てていくものです。 愛は時には刃物のように人を傷つけることもありますが、傷つくことを恐れては前に進めないこともあります。   愛とは『与える喜びを知ること』 愛されるとは『与えられている幸せを知ること』   愛され方のマナーとして一番よく問題になるのが、愛されているからと自分の方が優位になって、些細なことで嘘をついてしまうこと。面倒だから!詮索されたくないから!つい。   とても小さな嘘で二人の仲が壊れることはよくあるものです。人は愛されているという安心の中にいると、その愛が解らなくなるものです。   一度の人生をどう生きるのか?それはあなた次第。 愛は素晴らしい出来事。   僕たちの会社『ジョン&マリー』はラブローションを通して愛を伝える仕事です。   あなたは今日どんなことで彼に愛を伝えますか?彼女に愛を伝えますか? そして、あなたはどんな愛され方をしますか? ぜひ、素敵な愛され方を演出してみることをおすすめします。   大人の恋愛なら、オシャレな愛され方のマナーを心得ておくことはとても大切なことです。愛され方のマナーを知って、人を愛する。大切な人を失う前に!いつでも自分に素直に、正直に、楽しく愛し愛されたいものです。  

>記事を読む

恋愛で大切な人に嘘をついていませんか? 男は基本的、バカな生き物です。   この前提がズレていると、真面目な女性ほど悩んでしまいます。   女性にとって、彼(夫)の浮気が悔しいことは事実ですが、それよりも一番悲しいことは「嘘」をつかれ続けていたこと。騙されていたことではないでしょうか?   男の場合、彼女が浮気したら、男と女の体の関係(セックスをしたかどうか)に怒りがこみあげてきます。   女性の場合は、体の関係も当然腹立たしいのですが、それよりも心のつながりの方を重要視するようです。 彼の心とあの人の心がつながっていたことに、ショックと憎しみを抱くもの。カラダの関係はどうにか許せても、心の関係はどうしても許せない。       浮気をされれば誰だって悔しくて、歯がゆくて、色々な感情が生まれてきます。怒りや憎しみの感情を整理してみると、心の中にあるのは「嘘」と「騙されていた」こと。   騙されていたの?私は?何カ月も?あの笑顔は私を騙すためのものだったの?   その重く苦しい感情が、最も自分を苦しめてしまいます。真面目な人ほど、自分を責めてしまう。私のどこがいけなかったのか?   「でも、嘘をついたのはアイツなのに」   心の葛藤はどうしていいのか、解らないから生まれるものです。前には後にも進めないから葛藤してしまう。身動きができない。 一番苦しいのはそんな時だと思います。     恋愛で一番悲しいこと 大好きな人に嘘をつかれること。   それが恋愛で一番悲しいことなのです。一番切ないことなのです。 好きであれば、なおさら!   嘘は恋人(夫婦)の心のつながりを切断されたような思いが残ります。     悲しい気持ちから立ち直るには? 悲しい気持ちから立ち直るには色々な方法があります。   ①思いきり、相手を罵倒する ②すぐに縁を切る ③諭して、相手に反省させる ④最後にあなたに出逢えて「ありがとう」と言って別れる ⑤浮気くらい大したことないと思う。考えない ⑥お酒の力を借りて忘れる ⑦慰謝料を請求して復讐する ⑧美味しいものを食べる ⑨爆買いでオシャレをする   でも、どれをしても心は晴れません。もっと、虚しくなるだけ。     ある日、ふっと気付いて心が晴れ晴れとする答えが見つかることがあります。でも、それまでの長い期間は苦しいもの。   頭から、あの日のことが離れない。忘れられない日々が続くものです。   そんな時には、「ラブローションの社長のブログ」でも読んで笑ってみるのもいいものですが、それでも心の曇りは取れない。 じゃあ、どうすればいいのか?   時間が解決してくれる。 ある日、ふっと感情から憎しみが外れることがあります。   『何をこんなバカなことで悩んでいたの?』 そう思えた時、心がスーッと楽になる。今までのモヤモヤが嘘のように消えてなくなる。   苦しみから抜けだすための答えは人それぞれ違いますが、必ず乗り越えられる時がやってきます。   だから絶対、大丈夫です。     それとも? ジョン&マリーのラブローションを使ってみるのもいいかも!   一度壊れかけた溝は元には戻らないかもしれないけど、何かのきっかけで修復はできる。そのきっかけにラブローションで愛を取り戻してみてはどうでしょうか?   ここだけの話ですが、ジョン&マリーのLOVEローションには不思議なパワーがあるようです。 それは?   『彼との仲(夫婦の仲)が、昔のように戻りました!ありがとう!』 『久しぶりに愛しあいました!本当に感謝します』 『仲なおりできました。ウフフ!』   など、たくさんのお礼のメールが届いています。     そして、心が少し元気になってきたら、何か夢中になるものを見つけてください。   趣味でもスポーツでも仕事でも、旅行でも。夢中になって、身体を動かして、いつも心をHAPPYにしてみては?   日頃できなかったあの事や、以前から行ってみたかったあの場所にいくのもいい。心を夢中にしてウキウキとすること。そうすれば、貴女の魅力が輝きを増してくる。   さあ!元気を出して!人生を楽しみましょう! 人生は一度きり、思い切り愛しあいましょう!    

>記事を読む

  男女の恋愛観【アジア編】 男女の恋愛観について、世界を旅して思うことがあります。   アジアの中では特にフィリピンの女性は好きになった人が好きだということ。そこに歳の差や職業や外見はそれほど重要ではないようです。   好きだから好き。 アジアの中でフィリピンの女性ほど、自分の気持ちに素直に恋愛をしている女性はいないと思います。     恋愛において、とても残念なのが韓国。異性を必ず、ある尺度で見る傾向が強いようです。   外見や年齢や職業や収入で、それらのどれかを満たしていれば恋愛の対象となり、満たしていなければ恋愛の対象とならない。その人の人柄や本質ではなく、あくまでも外側の部分がウエイトをしめる。 理由は未来の結婚の安定と安心を前提にその男性をみているからだと思います。結婚に失敗したくない思いが強いから、最初の段階で安全な男性を見極めておく傾向が強いように思います。   しかし、最近ではそんなことばかり言っていると、誰にも相手にされない。いつの間にか適齢期を逃して一人で寂しい生活を送っている女性も増えているそうです。     世界で共通している男女のセックス観 不思議ですが、知的レベルが高い男女ほど、アブノーマルなセックスを求める傾向があります。 これは世界共通のようです。   SMプレイや過度なプレイなどは一般的な男女ではなく、社会的にも成功して高学歴で高収入の男女、知的レベルの高い職業の方に多く見受けられます。   その理由は分かりませんが、それが事実です。     男女の愛情 愛情という言葉には誤解があります。   愛はいいと思いますが、情は執着であり、情でお互いを縛り合ったり、寄りかかったりする関係は本当の愛ではないと思います。本来の愛は寛大で隔たりのないもの、人を情で縛ったり身動きできないようにするのは愛ではないと思います。   愛とは一体化。一つになりたいという心の思いが愛。 一つになりたいという想いが、人と人を結びつけるのですが、本当の愛はその人がいてもいなくても愛でいられることです。 目指すのは執着のない愛、でもそれができない。出来ないから悩み苦しんでしまう。いっそきっぱりと別れられたらいいのですが、どうしても出来ない。頭の片隅に忘れられない思いがいつまでも残る。   なぜなのか? 本当は自分がどうしたいのか?どう生きたらいいのか?が解らない。解らないから、失う不安や恐怖が出てくる。 「依存」の状態なのですが、怖れもそこから生まれてくるようです。だから執着してします。 その人と別れても、その仕事を失っても、私は生きいけるという覚悟がない。   目指すべきは自立なのです。   恋愛も仕事も人間関係も含めて、自立している人は強い。魅力のある人は自立している。   自立している人は迷いがないから「あなたは今のままでいいし、私は今のままの私でいい」ということが自分にも相手にも言える。 相手のありのままを認めて、良い悪いの判断をしない人が自立している人の特徴です。   自分にどれだけの人が自信を持っているのか?自信はあったけど、無くしてしまうような出来事が起こることもある。昨日まで持っていた自信がもろくも崩れ去る。そしてまた自信を取り戻すまでに多くの時間と涙を経験したこともあると思います。     どうすれば自信を持って生きることができるのか 私たちは小さい頃から、自信を失うことばかり言われてきた。そんな教育を受けてきました。 だから潜在意識に知らず知らずにインプットされ、自信を失うようになっていると、ある著名な作家が語っていました。   自信のある生き方をするにはどうしたらいいの?     それは?   自分の生き方を決めること!自分の人生なのだから、他人を気づかうことなく、本心からどう生きたいのか?それを決めること。夫の事やローンのことや子供の将来のことなどは別にして決めること。 それさえ、決まれば小さな問題に悩むことなどないはずです。   私と他人は異なる生き方です。人はそれぞれ、自分の好きなように人生を過ごす自由がある。だから他人の生きる権利も尊重しなければならない。   男と女は【愛と情と依存と自立】の間でゆれる 男と女は【愛と情と依存と自立】の間でゆれるものです。   愛で生きているのか、情で過ごしているのか?人生は依存と自立の間で揺れ動くもの、恐れを無くして笑って生きたいものです。   誰でも簡単にできる方法とは? まずは自分のセルフイメージを変えること。 自立していないという思い込みから、孤独も寂しさも痛みを伴うセクシャルな関係もすべて依存から生まれるものです。   依存しないと覚悟を決めて、言葉で自分のセルフイメージを塗る変えることから初めてみてください。   『私は依存しない』 『私は依存しない』 『私はアイツがいても、いなくても幸せ』   それを唱えていると、意外と自信が持てて、依存しない新しい生き方が見つかるみたいですよ。 是非!お試しあれ!  

>記事を読む

  恋愛で傷つかない人はいない 傷ついたり、恥をかいたり、人から何か言われたり、そんな意味で言ったんじゃないのに勘違いされたり。何かをするまえにはひどく臆病になったり、なんてことない些細な小さなミスにショックを受けたりして激しく落ち込んだりしてしまう。   そんな時に世界中でどうして?自分だけが?   特に恋やセクシャルな関係は誰にも相談できないので、一人で落ち込んでしまうものです。傷ついたことのない人は誰もいないのに、他の誰だって同じように傷ついたり失敗したりしているのに、それを忘れてしまいます。   何もしなければ、傷つかない。確かにその通りです。傷ついたということは何かにチャレンジした証だから、そんな自分を褒めてあげたほうがいい。       恋もセクシャルな関係も、世の中に無傷の人はいない 恋もセックスも人生も、世の中に無傷の人はいません。 心の傷から学んだことは、あなたにとって大切なこと。あなたに必要なことだから引き寄せた。その出来事がどうしても必要だったんですね。   年齢に関係なく、いつまでも恋をしている人は素敵です。パリのマダム達のように80歳、90歳でも真っ赤なルージュをシュッとぬってカフェに出かける。そんな感覚を失わない気持ちが美しいと思います。   恋する相手には、自分にないものを求めてしまう傾向があります、自分の中にはないもの。だから、魅力を感じる。   自分にないから憧れる。欲しいと望んでしまいます。   でも? あなたの中には誰にもマネのできない素敵な宝物があるのに、気づいていない。あなたの中にその魅力があるからこそ、相手の中にその魅力を発見することが出来るんですね。そのことに気づいていないだけだと思います。     あなたの中に眠っている魅力 人はあなたの中に眠っている魅力を映し出してくれる鏡みたいなものです。   それに気付いたら、人生は面白くなる! たった一度の人生、恋も愛も仕事もちょっとした勇気がないばかりに幸せやチャンスをものに出来ずに埋もれてしまうのはもったいないと思います。 今の自分に不満はないけれど、なにかつまらない。そんなときは変わるチャンスかもしれません。 感動の数だけ、その人の人生が豊かになるものです。   感動が人生のステイタス! 恋も人生も面白くする一番の秘訣はやっぱり感動すること。恋もセックスも仕事も感動がすべて。感動の数が多ければ多いほど人は喜びにあふれ、さらに感動を引き寄せると思います。     傷ついたから知っていること 心にたくさん傷のある人ほど、実は感動する素晴らしさを知っている!   そう思いませんか? そして、人生で一番大切なことは自分を知ることだと思いますが、恋やセクシャルなことは自分を知るためには最高の出来事だと思います。人を好きになって、恋をして愛しあう。   自分の中にこんな感情や思いや行動があったなんて、恋をしてみないとわからないし、セクシャルな関係、セックスをしないとホントの自分なんてわからないものです。   一生をかけて自分という宝物を探していくこと。   ジョン&マリーがコンセプトにしている『オーガニック・セクシーライフ』は恋愛とセクシャルを通して本当の自分に出逢うこと。新しい自分まだ知らない自分を発見すること。   本当の自分に一歩また一歩近づいていく。そう考えると人生はいつでもどんな時でも楽しいし、人はいつでも変われる。 きっと、必ず!   あなたにも素敵な恋と出逢いが待っています!   その日は今日かも?明日かも?それとも??   その日が来るまで、ジョン&マリーの酵素玄米ジャムウソープで愛されるカラダになってみては?

>記事を読む

男は女性に尽くされるくらいの度量がなければならない こんにちは、いつもありがとうございます。 ジョン&マリー代表のジョン・サンデーのブログです。   僕のブログが真面目すぎて面白くないと、学生時代の女性の友人から連絡がありました(笑) 文章が固すぎて、もっとユーモアを取り入れて、解りやすく書いてみたら?と。     『女はもっと、刺激的だよ!』 そんな学生時代の彼女から 「最近は強い男がいなくなったわね。男が優しいのは当然として、優しさの中に男としての強さが隠れていて、いつでも女性を守ってくれる。そんな男がいなくなった。昭和の時代の男は黙って勝負する。そんな男がいまは貴重だよね」   「女は本当は尽くしたいの!好きな男のために女として尽くしてみたい。この男がどこまで大きくなれるのか?そんな男を育ててみたい。そんな大きな男がいないよね!なんか小さなことで目くじらを立てて、つまらない愚痴ばかりで。」   「大きくて強い男がいま、必要な時代なのよね!」   「女が強くなったんじゃないよ!男がつまらなくなっただけかな?」   「そう思わない?」   「女性はいつの時代でも尽くしたい。女性に尽くさせてくれる男がいなくなっただけね」   優しさの勘違いかもしれません。炊事洗濯をして、家の掃除までする男達。本当にこれでいいのだろうか?オスとしての本能が消えてしまっているのかもしれません。 7年後に待っているのはセックスレス?会話のない夫婦?それがいまの現実です。     強い男に尽くしたい 彼女曰く、 「炊事洗濯を男がするものじゃないわね、そんなことに頭を使うなら、外に出てお金を稼いで帰ってくる!」   「男は稼いで、優しくて、強くなくちゃね!そしてSEXが上手い」   そして、先日はお会いした30代の女性達も同じことを言っていました。 「強い男に尽くしたい」   男は女性に尽くされるくらいの度量がなければならない、ということらしい。 この女性達は自分でビジネスを立ち上げ、経済的にも自立している女性達ですが、その彼女達の言葉なので少し驚いていますが、女としての生きがいは自分の手で男をどこまで大きくできるのか?それが彼女たちの本音のようでした。   色々な考え方があると思いますが、男はもっともっと強く優しくなって、女性から大きくしてもらう。 小さくまとまるのも生き方として否定しませんが、大きく羽ばたくのを女心としては見てみたいようです。   好きな男が自分の手で大きくなって羽ばたいていく。母が子供を育てるのに似ているのかもしれません。 母性が強いのか?それとも女性の本質なのか?   彼女達に「男は女性に育てられる心の大きさと勇気と可愛さを持つことが大切」だと教えてもらいました。     これからの時代の男の度量 これからの時代は女性の意見に耳を傾け、女性のわがままを聞いて、笑って叶えてやるくらいの度量、女性にワザと負けてやる包み込む優しさが必要な時代だと感じます。女性のわがままをすべて、笑って許せるくらいの大きさ。   男女は平等ですが、対等ではありません。 男は女性を守る。女性は男に尽くしたい。そして男は尽くされる甲斐性のある男になる。   どんなに喧嘩をしても翌朝には元気に「おはよう!」と、爽やかに「昨日はゴメンな!」と言って、お詫びに美味しいお寿司でも食べに行こうか?と言える男になりたいものです。   女性に尽くされる男にセックスレスはないと断言します。 「女性がいつまでも可愛い女のままでいられる」それを男は実現しなければならない。   女性は男に尽くして、そして護られている揺るぎない安心感を望んでいる。 この人は何があっても、たとえ世界が滅びても、私を守ってくれるという安心感が女性を豊かに綺麗にすると思います。   いい男とはそんな男ではないでしょうか?   学生時代の友人(女性)も30代の女性達も、女として護られることを望んでいるのではないかと感じました。愛の表現として護られているという安心感ほど尊いものはないと思います。   「愛されている」とは「護られていること」   本当にモテるいい男とは実はこんな男ではないかと思います。 女性が男を大きくする。女から育てられる。男と女のいい関係は意外と単純でシンプルなのかもしれませんね。  

>記事を読む

男女の愛の法則とは フランスの有名な作家モンテニューの言葉に「人は2倍冷たくすると、別れた恋人も戻ってくる」というのがあります。   愛する人に冷たくされると、多くの人は「私が何か間違っていたの?間違ったことをしたの?」と自分のこれまでの言動を見直し考え出します。   幸せだった現状に急に不安が押し寄せてきて、そんな心の隙間の状態の時に急に優しくされると、その不安は安堵感や喜びに変わっていきます。     相手を虜にする心理テクニック? 男でも女でも相手を虜にする人は相手の心に中にあえて波風をたてて、不安感をあおり不安や疑念を作りあげてその不安感を解消させることで相手を虜にする心理テクニックを知っています。   平穏で安定的な関係が続くよりも、時折、不安と喜びが交差する方が人は大きな満足と興奮を得られるようです。しかし、どんな恋の達人でも最後はちがうようです。 恋愛は相手よりも上位に立った方が勝ちですが、そんな恋愛が本当に心から望んでいるものなのかというと、どうやら違うようです。   俗にモテ男がいつの時代にもいますが、そんな彼らがいつも口をそろえて言うのが本当の恋をしたい、心の底から満足したいと言います。   軟派な彼らでも本当の愛を経験したいと願っているようです、何も知らない20代の若い時なら、もてはやされていいでしょうが、人はやはり本当の愛を知りたいと望んでいるものです。   恋愛の主導権を握って、相手よりも優位に立ちたいのであれば、普段以上に冷たくしてみるのもテクニックとしてはいいでしょう。 しかし、そんな恋愛テクニックばかり続けて、いつか本当の愛に出逢ったときに後悔しないように気をつけてほしいと思います。   愛をテクニックでできるほど、そんな浅いものではないと思います。人生で一度でもいいので本当の愛を経験してほしい、それが生まれてきた喜びだと思います。それを知らないで、人生を終えることのないようにしてほしいと願います。     男が人生のおわりに後悔すること アメリカの70代80代の男性達に対するある調査でこんな結果ありました。   「やり残したことは何かありませんか?」という質問です。     90%以上の人が、「もっと人生を冒険しておけばよかった」「もっと愛を経験していればよかった」と答えたそうです。 人生は一度きり、思う存分に冒険をして、トコトン誰かを愛することが出来た人は、それを経験しなかった人よりも幸せな生き方をした人だと感じます。     愛は幸せへの入り口 「愛する人がいる楽しさ」と「愛される喜び」この二つが幸せの入り口です。不幸とはそのどちらかがない状態だと思います。   本当に誰かを愛したことのある人ならわかると思いますが、もし人生の最後の時に神様からもう一度、あなたに人生をプレゼントしますよ言われたら、あなたはなんて答えますか?   「愛する人もいない、愛される人もいない」こんな寂しいことはありません。 愛してくれる人がいないことを孤独と呼ぶのかもしれませんね。勇気を出して一歩踏み出して、孤独に陥らないようにしたいものです。     愛することと愛されるバランスが取れている時は、感情も穏やかですが、そのバランスが崩れた時に嫉妬や妬みや歯がゆさや何とも言えない感情が芽生えてきます。   恋愛にとって、心にある感情をコントロールするのはとても難しいことですが、人はそれを体験して本当の自分を知る。そんな気がしています。   恋愛はとてもいいものです。人を好きになって心を抑えきれなくなる。冷静になろうとしても出来ない。でもそれが生きている証かもしれません。   男女の愛の関係に正解はありません、100にいれば100人の恋愛の薦め方があります。   でもただ一つだけ言えることは、どんな人もいつか必ず誰かに恋をして愛を経験するということです。   世界中のすべての人が誰かを好きになって、恋をする。   全ての恋愛が上手く行くことはありませんが、「人は愛を経験するために生まれてきた」それが男女の愛の法則のように思います。  

>記事を読む

喧嘩したときのルールを決めておこう 恋人同士でも夫婦関係でも、些細な事で喧嘩してしまうことがあります。後で考えればどうしてあんなことを言ってしまったのかと思うようなこともありますが、でもその時はつい! そんな時に仲直りしたい場合は、次の7つのことを心がけてください。     ケンカをした後の仲直り「とっておきの7つの流儀」 ケンカしたけど仲直りしたい!そんな二人のために、とっておきの7つの流儀をご紹介します。   【第1の流儀】 謝るときは、相手の反応に関係なく、謝ることに徹すること。 謝ってくれればそれで心がすっきりするものですが、恋人同士・夫婦間で謝ることの難しさは皆さんも経験あると思います。   「どうして私(俺)が先に謝らなければならないの!」   先に謝った方がその後の主導権を握れると思って謝ってください。統計では先に謝った方が後から謝った方に比べて、その後の関係において有利に物事が進むようですから、ここは感情をむき出しにせず先に謝った方が勝ち!と考えて謝ることに徹した方が賢明です。     【第2の流儀】 夫婦間での喧嘩では「勝ちを譲ってやる」、負けてあげることを目標にしてみるとかなり効き目があります。 「さすがね!彼方にはかないません」なんて女性から言われると、男はそれだけで気持ちがよくなるものです。そのあとで猫なで声で欲しいものをおねだりすると意外と上手くいくそうです。その確率は75%も!   男の小さなプライドを高めてあげること、それだけで男の財布のヒモは緩みますよ。夜のクラブの女性たちが毎日使っている奥の手ですから、是非チャレンジしてみてください。     【第3の流儀】 他者のいるところではパートナーのことを徹底的に褒めること。 いつもケンカばかりしていると、他者の前ではついつい愚痴や不満が出がちです。そこをグッと我慢して褒めて褒めて褒めまくる。褒められてイヤな人はいません。褒めるが勝ちだと思って他者の前でこそ褒めてあげてください。     【第4の流儀】 時には相手のミスを責めない。 間違っていても知らないふりをしてあげることです。ほとんど99.9%は命に関係のないようなこと、些細な事で責めていることに気づいてください。くだらないことでケンカしていると思ってください。     【第5の流儀】 ケンカしても最後の最後の暴言だけは我慢すること。 エスカレートしていくとどんどん言葉が乱暴になってきます。そして最後に出した言葉で永遠にサヨナラなんてことにならないように気つけてください。 最後に発した言葉が意外と記憶に残るものです。最後の言葉が運命の分かれ道!です。     【第6の流儀】 喧嘩した次の朝のルールを決めておくこと。 喧嘩の最中はお互い盛り上がっているので何を言ってもダメですが、仲が良い時にケンカしたときのルールを決めておくと意外と仲良くなれるものです。   例えば、ケンカした次の朝は必ず「笑顔でおはよう」と無理にでも言うルール。 例えば、どちらかが悪くても男性の方から「昨日は悪かったね」と言うルール。 例えば、ケンカした次の日は美味しいものを食べに行くルール。 いくつかの二人のル―ルを決めておくと、ケンカも楽しいものになることもあります。     【第7の流儀】 どうしても、仲直りが出来ないときは距離をおく。 相手がいなければケンカすることもありませんから、一旦距離を置いてみること。それを事前に伝えておくことです。 喧嘩するのは仕方がないこと。もし最終的に怒りがおさまらない時は顔を合わせないことです。2日から3日、友人の家でも実家でもホテルでもしばらく別々に過ごすことをお勧めします。   経験から言うと、大体3日で80%の人は仲直りするようです。     7つの流儀をおさらい ①謝ることに徹する ②勝ちを譲ってあげる(負けてあげる) ③他人の前ではパートナーのことを褒める ④相手のミスを責めない ⑤暴言だけは我慢する ⑥喧嘩した翌朝のルールを決めておく ⑦2~3日間、距離を置く     そして最後に、もし「7つの流儀」なんてこんなこと出来ない。バカバカしいと感じるのであれば、迷わず今すぐ別れたほうがいいでしょう。 そんな人とは一緒にいても良いことはありません。さっさと別れて次の相手を探して人生を楽しんでいきましょう!     最後の最後にもう一つのアドバイスとして!   【最後の流儀】 嘘をついてみる。 えっと思われるかもしれませんが、喧嘩になりそうな時には嘘をつくことが大切な時もあります。   例えば、喧嘩の最中に ・「実は今日、母が倒れてたと連絡があって…それで気が付かなくてごめんね」 ・「仲良しのSさんがガンで入院したの。それでビックリしてしまって」 ・「実は今日は同期の○○さんが入院してしまって、それで忘れてしまったんだ」   ほとんどの喧嘩は些細な事です。それ以上の重大な問題があれば、喧嘩なんて一瞬でどこかに消えてなくなるようなこと。そんなことに皆さん悩んでいるようです。   しかし、嘘を頻繁に使うのはくれぐれもご用心。大切なことは喧嘩を大きくしないこと。 喧嘩は愛を深める魔法のドレッシングのようなもの。かけすぎると野菜のうま味が無くなり、ドレッシングがないと味けない。喧嘩もドレッシングもほどほどが一番美味しい。   喧嘩も相手がいて楽しめるもの、愛を深めることができます。いなくなればこれほど寂しいものはありません。  

>記事を読む

女性に知ってほしい男の本質 「愛は魂の居場所である」   それを知ったのは大きな失恋を経験してからでした。 そう、生まれて初めて失恋を経験した時、新たな人生が始まったのだと思うけど、そのことに気が付くまでには随分と時間がかかったことを今でも憶えています。   失恋を引きづり、なかなか前に進んでいけないのが男。女々しいと言われても仕方がありませんが、それが男なんです。     ということで! 今日は男の本音を少しだけ女性にも知っていただきたいと思い、あえて男目線から男女関係をお伝えしたいと思います。     男は好きな女性を支配したい生き物 以前「男は女性を枠の中に入れたがる生き物」ということを書いたことがあります。 男は女性を自分の小さな枠に入れて楽しむ性質があります。   好きな女性を自分色に染めたいという男なら、ほとんど全員が心の奥深く思っていることです。 自分の言う通りに女性を支配したい、自分のモノにしたい!   好きな女性を手に入れるためには何でもするし、過去には戦争まで起こす人もいるほど、男性の征服欲と言うのは制限がありません。いったん征服してしまうと、なぜか嘘のように飽きてしまうのも男の本質です。   女性はこの男の本質を十分に理解して男性とお付き合いすると、いつまでも末永く楽しく、お姫さまのように扱ってくれることもまた男の可愛い部分でもあります。   小悪魔的な女性が人気があるのは、男性のこの性格を良く知っていて、その扱い方が上手くできるからだと思います。     恋愛でもゴールを目指す男 男は目標を設定してその目標に向かってゴールを達成するのが好きな生き物なんです。   恋愛も同じ!   そして、女性が自分の思い通りにならないと男は燃え上がる生き物。男はとても単純で簡単な生き物だということですね。 そんな男の性質をよく理解してあげてると、男は黙ってもあなたのために尽くします。   男が仕事で目標に向かっている時はその目標を一生懸命に応援する女性になること。 落ち込んだときはそっと黙って癒してくれる。そしてまた目標に向かって応援してくれる、鼓舞してくれる女性が好きなんです。   男はバカで可愛いくてわがままな生き物、いつまでも子供のように甘えん坊です。 上手にあなたの手の中で、泳がせてあげてください。 いい男はそんな女性が好きなんです。  

>記事を読む

オススメ商品

デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

ランキング

ページトップへ