オススメ商品

ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

ランキング

pickupピックアップ記事

ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

オススメ商品

愛し合うセックス、求めあうセックス 言葉のニュアンスの違いですが、愛し合うセックスには時間をかけて優しく愛撫し女性とともに深い世界へと入っていくようなイメージがあります。   求めあうセックスには本能的で野性的なものを感じます。 部屋に入った瞬間からディープなキスをしてむさぼりあうようにカラダを交わす。   最近の女性が喜ぶ恋愛とSEXのテクニック本には髪をなでてキスをして首筋から・・・と細かく書かれているものがあります。 時間まで決められていて、一見とても親切なのですが…     マニュアル通りのセックス 30代の男性からこんな質問を受けました。   「SEXテクニックで有名な先生の本を読んで、マニュアル通りにこの順番を繰り返してセックスをしていました。最初はとても良かったのですが、繰り返すうちに彼女も僕も何だか物足りなくなってきたんです。マンネリとは違うのですが、理由がわからなくて。」     僕は「感じるセックスの専門家」ではないので詳しいことは解りませんが、ただ一つだけ言えることはもっと本能のままでいいのではないかと思います。愛やセックスを頭で考えすぎない。     フランス料理のようなセックス、カジュアルなセックス セックスの基本は女性のためにあるということだけ認識していれば、時には本能に任せたラブタイムも必要だと思っています。   僕たちジョン&マリーが提案している「オーガニックSEX」は女性の為にあるものですが、料理でいうなら月に一度か二度のフランス料理のフルコースのようなセックスです。   時間をたっぷりとかけて前菜から一つ一つ楽しむ、いつもと違う豪華なセックスです。 でも時間のない普段の二人には「カジュアルSEX」でもいいと思います。     絶対にしてはいけないセックス 絶対にしてはいけないSEXがあります。それは、男だけが射精して終わる「ジャンキー(添加物)セックス」です。本能や情熱に任せたセックスと、ジャンキーセックスは違うものです。   ジャンキーSEXは女性を悲しませるセックスです。これを続ければ男のあなた自身も最後は悲しむことになります。     本能のままに愛し合うセックス こんなときのセックスは本能のままなセックスがいいと僕は思います。   ・愛し合う二人が久しぶりに会うとき ・何かの衝動で燃え上がるような恋のとき ・ケンカしていた二人が何かのきっかけで仲直りをするとき ・セックスをご無沙汰していた男性と女性が愛し合うとき   不思議ですが、いつもは濡れない女性でもそんなときの女性は瞬間から熱く濡れているものです。 そんなときにマニュアル通りにキスから順番に…なんてしていたら、かえって冷めてしまいます。     オーガニック・セクシーライフ ♡ 特別な夜はオーガニックSEXで優しくディープに ♡ いつもはカジュアルSEXで楽しくエンジョイ! ♡ ときには熱く燃える本能のSEX。お互いの性の情熱を素直に見つめ隠さないディザイアSEX(desire:強く望む)   このすべてがジョン&マリーが提案している「オーガニック・セクシーライフ」なんですね。   マニュアル通りの内容で忠実に守りながら、それはそれで楽しいものだと思いますし、性の入門編としてはAVよりもいいと思います。 書道でも柔道でも初級・中級・上級があるように性にもあります。   是非、入門編から始まり、段階を経て上の階級へと成長していきたいものです。   *でも、上級編からおかしな道にそれる方も最近はいますので、そのあたりはご注意を!   愛し合うセックスと求めあうセックスは、どちらも素晴らしい!   SEXから体を交わしてから愛が芽生えることもあります。 逆に愛があるはずなのに、SEXをしてから愛が冷めるときもあります。 男女の仲とは本当にわかりません。 自分自身を信じて、あなたの本能が命じるままに生きることが大切だと思います。     イイ女ほどセックスが好き 以前、LOVE&SEX イイ女ほどSEXが好き という内容の雑誌が発売されました。   かなり大胆な見出しですが、ハリウッドスターたちが自らのセックス感について語っています。 下品な感じではなく、真面目にセックスを語るハリウッドスター達、その中の一人にキャメロン・ディアスがいました。自由奔放にLOVE&SEXを楽しんでいる様子がとても好印象でした。   日本では女優がそんなことを語ればすぐに仕事がなくなるお国柄ですが、自由な国アメリカならではと思います。 「SEX AND THE CITY」という映画がありますが、当初日本ではウケないと言われていました。ところが公開されると大ヒット。ニューヨークに住む4人のキャリア女性が織りなすラブロマンスを面白くユーモアに、そしてセクシーに男女の思いの違いを表現している映画だったと思います。   男と女の違い。 それぞれのキャラクターの人間的な思考に関しては賛否ありますが、男の目線から見たとき、男の気持ちをよく理解している映画でもあると思いました。   「ストーリーは単純明快、ファッションがいっぱい詰まったオシャレな映画で、あとには何も残らない」と批評する人が多いと聞きました。   でも! ラストシーンで「華やかに演出する形だけにこだわった女心」と「結婚式なんて関係ない二人が愛し合っていればいい」という男の気持ちの違いに主人公のキャリーは気がつきます。 そして二人は市役所で結婚の誓いをたて、親友たちに祝福されてハッピーエンドとなります。   恋する女心と男の気持ち、30代の大人の恋愛関係を描いた内容で、とても楽しく見ることのできた映画だったと思います。男にはわからない女心を垣間見た感じです。この映画でもそうですが、人間関係においてSEXはとても大切な事であるということです。   人を好きになってSEXをする、ごく自然な行為です。唯一、他人に自分の全てをさらけ出すことのできる行為がSEXだと思います。 大胆になる必要はありませんが、本当の自分をだしてどうしたいのか?を素直に言える関係がいいと思います。   どこが感じるのか?どうすれば感じるのか?どうしてほしいのか? もっと素直に言える関係になれたら人生もセックスももっと素敵になる、そんな気がしています。     いいセックスをしている女は顔も体も綺麗になる 女性は愛のない世界では生きていけない   もう少し突っ込んで言わせてもらうなら、愛のあるセックスをしている女性は顔も体も綺麗であると言うことです。 先日もあるカフェでお会いした女性がいます。 表情がとても豊かで美しい。女の艶というのがある。会話が弾み失礼とは思いましたが、年齢をお聞きしました。   なんと、60歳を超えていました。実際には40代半ばにしか見えません。一緒にいたもう一人の女性は年の離れた妹さんと思っていましたが、実は娘さん。僕の仕事が何なのかをお話しすると、さらに話が弾みました。   どこからみても色っぽい 娘さんの前ですが、今でも週に一度は愛し合っていると言われていました。そのための準備には余念がないということも。   「今日もそのために娘とヨガをして備えているの」と悪戯っぽく話される口元がまた色っぽい。 旦那様は外科医でいつも張りつめているので、週に一度のラブタイムが旦那様のパワーになっている、そんな風にお話をされていました。   この女性のお話をお聞きして思ったことは、セックスライフが充実していたらその人の人生は豊かなものであるということ。   女性はひとつ満足を得ると、それですべてが満足をするという特性があります。セックスライフが満足感を得ている女性は、仕事や家庭においても不満を抱くことが少ないようです。そして、こんなにも美しく輝いていられるのかと思いました。     ラブローションを通して愛を語る。 今日も最後まで読んでくれてありがとう!

>記事を読む

  女性は口説かれたい、それが本音 女性は口説かれるのが大好きです。   だから女性を口説くことは男性としてのマナーであり、いい男のルールだと思います。 ところが最近では女性を口説けない、声をかけられない男性が増えてきていると、NHKのある番組で紹介されていました。   声を掛けている男性はモテる。 有名な言葉に『美人の横に座れるのは美人に声をかけた人だけ』という名言があります。 声をかけることはとても勇気がいることですが、それを乗り越えて素敵な女性をものにする。それが恋愛の醍醐味だと思います。   皆さんはどう思いますか? 今日は【女性を説得するたった3つのテクニック】をお伝えしたいと思います。     女性は口説かれたい!女性を説得するたった3つのテクニック 1.具体的に表現すること! 女性は基本的に安心感がほしい。女性は不安を取り除いてくれる男性に好感を持つものです。 具体的に言うと、「また連絡するよ」と言われるよりも「来週の水曜日に電話するね」と言われるほうが女性は安心するのです。   「また連絡するよ」という言葉は、女性に対しては最悪の表現方法です。女性はあいまいさが何よりも嫌いなのです。 女性からすれば、「もう会いたくない」と言っているようにも受け取られるのです。その女性を失いたくないと思っているのなら、こういう表現方法は絶対にしないこと。   女性は具体的にイメージする表現方法が何よりも安心するのです。     2.イメージが浮かぶような伝え方をすること! 「今夜、電話するから」よりも「今夜の10時に必ず電話するからね」と言ったほうが女性はイメージがしやすい。 そうすればお風呂をすませて準備もできる。女性を説得するとき、相手がイメージしやすい表現方法で伝えてあげることが男の優しさだと思います。   仕事でも「終わったら帰っていいいよ」「適当に仕事片づけたら帰っていいよ」と言われると女性はさっぱりわからない。 「え!どこまですればいいの?」と、逆に反発を食らうだけです。   賢い男性なら、「あと2時間やってくれたら帰っていいよ」とか「ここまでやってください」と具体的に言って、女性がきちんとその枠内で頑張れるようにしてあげてください。     3.女性を説得するには小声で話すこと! 女性はとても繊細なので、大きな声よりも小声でゆっくりと話された方が好感を持ちます。 大声でガンガンやると、話の内容に関係なく女性には「ガサツな男」に映ってしまいます。   「この人は私の趣味じゃない」「こんなタイプは苦手」と最初の段階で嫌われてしまいます。   女性はある意味、常に説得されたがっている部分があります。口説かれるのが好きで「いかに自分をいい気持ちにさせてくれるか」を男性に求めています。そんな理想的な男性を楽しみに待っていると思ってください。   自分をいい気持ちにさせてくれる、そんな男性との出会いを楽しみにしているのです。   小声で低い声を出すというのは心理学的にも繊細で知的な人だと判断されます。また大きな声で話してしまうとバカで軽率な人とみられます。小声で話すことは女性が安心する要素のひとつです。     最近、彼女(妻)と上手くいってないなぁと感じているのなら、この3つのテクニックを使ってみてください。いい関係に戻れるかもしれません。 男にとって、女性を安心させることが何よりも大切なことなのです。   女性の心に中にあるモヤモヤや不安を解消してあげること! そして、男性は恋人(妻)を説得しようとする時「愛している」という言い方をしますが、でもこれはあまり説得力のあることではないようです。 なぜなら、漠然としているから。   具体的にどう愛しているのか?または愛している結果としてどうなるのか? それが女性が知りたいことなのです。     女性の自尊心を大切にしていますか? 自尊心は自分自身を評価するうえで最も大切な要素ですが、女性は他人からの評価でそのありようが大きく左右されるのが特徴です。   自尊心は誰もが持っているものです。「持っていない」という人でも自分の価値観を否定されるとムッとくるものです。   個人が心のよりどころにしているものを他人から意見されることで、自分の存在自体が揺らいでしまう。いままで自信を持っていた考え方や誇らしい自分が維持できなくなる。自尊心を傷つけられることは精神的な危機を招くものなので、誰もが敏感に反応してしまうのです。   こちらが傷つけたつもりでなくても、傷つけてしまうことがあります。とくに男性は女性の自尊心に疎く、知らずに傷つけていることがよくあります。   もし、男女の仲でいつもなぜか上手くいかないと思っている男性は、女性の自尊心という観点から見つめてみることをお勧めします。 ちょっとした言葉の使い方で女性の自尊心を傷つけていないか?確認してみることも男女の関係を続けていくには必要な作業です。   もし相手がOKなら、一度聞いてみるといいかもしれません。 「僕の言葉、君の自尊心を傷つけていないかな?」「もし傷つけていたならゴメンね」 そう言えば、大抵の女性はその一言で許してくれるはずです。   女は『女』を否定されたら生きていけない 男と女の違いは?   男の自尊心は仕事、地位、名誉、財産、趣味や才能などに向かうものです。何か一つでも自分を誇れるものがあれば、男は何とか生きていけるのです。   女性の場合は、男と違って自分自身に集約されるようです。つまり、自分自身の身体的魅力によりどころを求める。   男は外見的な「いい家に住んでいる」「いい車に乗っている」「役職」など、人に評価されることで満足します。 かたや女性は年齢や若さ、容姿、スタイルといった「女として部分」の領域が大切で、そこを否定されたり中傷されると男以上に怒ったり、自分の殻に閉じこもったりしてしまう傾向があります。   男は多少プライドを傷つけられても大丈夫ですが、女性には個人的なプライドを傷つけることは避けた方が賢明です。   セックスにおいても女性はかなり敏感で、カラダを褒められると内心は嬉しいものです。 ですから、必ずセックスの際には女性のカラダを隅から隅まで褒めること。それも具体的に「君のカラダはきれいだね」「肌がしっとりとしてとても気持ちイイね」と褒めてあげると、女性としてのプライドがくすぐられて、よりエクスタシーに到達しやすいものです。   ポイントは、必ず女性の目を見て小声でゆっくりと語ること。 それだけで女性は大切にされていると感じるのです。目と目を合わせることで女性は男性の真意をつかみたいと思っているので、必ず目を見て「僕はアナタは大切にしているよ」と感じてもらうことが何よりも重要です。     女性にとって目は大切な伝達手段 目というのは、想像以上に力があります。   女性が何か言ったときに、顔を見ないで返事するのは女性が一番嫌うこと。 男なら目にこだわる!女性は男よりもはるかに目で訴えかけているのです。   目であなたの心を表現してあげてください。女性を安心させてあげてください。二人で素晴らしいセクシ―ライフをエンジョイしてください。女性を幸せにすること、それがいい男の役目です。

>記事を読む

心さえ豊かなら、幸せな恋も愛もすべて引き寄せられる 『この世は嫌な事を笑いに変えるゲームだから』本当にそう思います。   別れた大切な相手でも、過去への執着がクリアであれば、またお互いを引き寄せるものです。   不思議な縁がまた巡り巡ってくる。過去への執着を手放して、未来の心躍る幸福に目を向けると、縁がまた巡ってくる。   いつも思いますが、恋も愛も人間関係も、いまのあなたに一番必要な人が引き寄せられる。     人が巡りあう理由は誰にもわからない 経験から言うと、過去へのこだわりや執着が無くなれば、別れた相手でもまたいい感じで再開できるようです。理由はわかりませんが、不思議です。   人との関係は誰にもわかりません。 つい先日まで仲の良かった夫婦が、いまやお互いに弁護士を通さないと会話できないほど険悪になっている。そんなことも世間にはよくあることです。   未来のことなど誰にもわかりません。 『少しくらいはわかるでしょ?』といわれても、本当は誰にもわかりません。人と人との関係、お互いの心境の変化など。なぜそうなるのか、自分でもわからない。     人が変わるワケじゃないけれど、性格が変わるワケでもないけれど、その日は突然やってきます。 ある言葉やある仕草が気になったり、何気ない一言でまったく気が合わなくなったりします。あのときは仲が良かったけれど、今はLineもFacebookもブロック。   音信不通、なんで?と思うこともあります。   嫌いになったわけじゃない。ただあなたと一緒にいることに彼(彼女)が価値を見出さなくなった。 だから相手が離れていっても気にしないこと、追ってもしょうがないから。だって、向こうはあなたと過ごすことを望んでいないのだから。   そんな相手を無理矢理つかまえて、なんで?と問い詰めたところで嫌われるのがオチです。大人しく受け入れていくほうがアナタの未来のためには、健康的です。   頭では分かっていますが、それがなかなか受け入れられないのが人の気持ちです。 時間が解決する。それが一番の答えですが。     心の充電器を満タンにしよう 大切なことは、一日も早く心を豊かにすることです。 心が満たされていれば、幸せな恋も愛も彼もお金もすべて引き寄せられます。あなたがすることは「心の充電器を満タン」にすること、それだけに集中すること。   なかなかできませんが、経験からいうとこれしかありません。     人はいつどこで誰と出会うのか 本当にお互いが必要としあえば、また出会えます。今はお互い別の道を歩むことが必然になっただけです。   いずれ、また出逢うタイミングが合うことがあるかもしれません。縁ある人とはまた会えます。縁があれば結ばれます。   『人生は縁ある人と結ばれる』   『いつどこで誰と出会うのか?』 それは誰にもわかりません。   考えてみれば、相手が離れていくこともあれば、自分のほうから離れていくこともあります。理由を求められたり、追いすがられたりしたところで、納得できる説明ができないのが恋愛というものです。     別れがあるから出逢いがある 別れがあるから出逢いがあります。   『去った人への執着を手放す』   なかなか出来きませんが、去った人と縁があるのなら、また出会えるものです。   だから!執着を手放す!   そして辛い別れのあとには、大きな幸福が待っているものです。   魅力ある人はいつも未来に向かって今を生きている人。自分の心の中をのぞいて、過去に心があるのなら、手放す勇気を持ちましょう。   心さえ豊かなら、大切なものはすべて引き寄せるから。   過去の執着が無くなれば、幸せな恋も愛もすべて引き寄せられます。   たまにはお美味しい料理と音楽と自然の中にふれて、あなたの心を満たしてあげてみてください。 きっと、いいことが必ずおこります!     世界はラブソングで出来ている! 人生を複雑にしていませんか?僕たちの持ち時間は意外と短いのに!   仕事で色んな街へ行くことが多いのですが、どの街のカフェにいても流れてくるのはラブソング。耳を澄まして誰かが聞いている。   そんな時にふっと思うことは?   恋も仕事も人生も、色々とあるけど意外と適当でいいんだ!あまり深く考えすぎないこと。マジメすぎても上手く行かないし、不真面目すぎると面白くない。そんなことを思うことがあります。   好きな人とのセックスが楽しくなかったり、尽くし過ぎて疲れたり。もっと、楽になっていいと思う。     一度きりの人生、あなたならどんなラブソングを書いてみたい?   最後はハッピーエンドがいいに決まってるけど、それまでにはちょっとしたケンカや辛い別れがないとラブソングも盛り上がらない。そして最後はHAPPYに。   今こうしている最中にもカフェの音楽はやっぱりラブソング。泣いているあの子も、おしゃべりしているあの子も、みんなLOVEソングを聞いている。   #心の中をみて愛を見つけるんだ。 予定なんて、解放してしまえば、僕らは自由になれるんだ。 愛されること、愛すること。 複雑にすることはないんだ#   なんて音楽が聞こえてきます。     恋が楽しくない?恋を楽しむためには、何が必要? 心を複雑にしないことだと思う。   もっと、簡単でイイ。もっとシンプルでイイ。恋のテクニックは必要だけど、学びすぎて時間とチャンスを逃がさないように。 つながりを感じたなら、思いきって前に進んだ方がいいと思う。   #恋人同士(夫婦)でも休息することは大切なこと。素直になってごめんと言えば、元に戻れるのに。 本当は御免と言いたいけど、それが言えない#   素直になることがこんなに難しいなんて。でも、ほんとはとても簡単でシンプル。   世界はラブソングで出来ている!       最後に この世の中はイヤなことを愛と笑いに変えるゲームだから。   大丈夫! 私は素晴らしい!素敵だ!もう最高!   そう思って、言葉に出して行動してみてください!  

>記事を読む

本当にセックスを卒業したのですか? セックスレスの問題が取りざたされているようですが、本当にセックスレスのままでいいのだろうか?と思います。   最近何人かの女性から、私は50歳になったからもうセックスは卒業かな。もうこの年でセックスをする体力もないから。という言葉を聞きました。男から見ると、そんな女性に限って魅力的に見えません。   本当にそうなのでしょうか? そう言うことで、自分の欲望を抑えているのではないかと思えてなりません。   頑張って生きることに夢中になっていて、愛することを忘れてしまっているのではないかと思ってしまいます。 諦めている。   男女の愛する行為に年齢制限があるなんてとても思えません。自分で年齢を決めて諦めているようにしか思えない。 年齢が高くなれば、恋もセックスもしない?そんなバカなことは言わないで、もっと素直に人生を楽しんでみたら?   あなたもそう思いませんか?     女性はもっと素直に感じていい! 女性にもっと素直に感じてほしい!そんな思いを込めて、ジョン&マリーではプレイジェルを開発しました。   セックスで一度もオーガズムを感じたことのない女性もいます。そんな方のために考えられた商品です。 エクスタシーやオーガズムを感じることは自然なこと。女性としての幸せをもっと感じてほしい。     セックスレスを解消したいなら、愛の言葉を伝えよう 相手はいるのにセックスレスなら、愛の言葉から伝えることから始めてみてはいかがでしょうか?   「ありがとう」 「美味しいね」 「いつもゴメンね」 「感謝しているよ」 「綺麗だね」 「愛してるよ」   愛の言葉は色々あります。 毎日少しずつ、言葉を重ねてみてはどうでしょうか? きっと、もつれた糸が少しずつほどけてきますよ。   焦らず、ゆっくりと。   セックスレスなら愛の言葉を伝えることから始めよう! ふたりが出逢ったときのトキメキを思い出したいのなら、ジョン&マリーのファーストラブローションをお勧めします。 ハーブの力で恋に堕ちたあの時を思い出すように作られています。   ファーストラブ ローション 恋に落ちたときめきを思い出す…初恋の香りのスペシャルローション ピュアでひたむきな『ファーストラブ(初恋)』の香り。「甘くてフルーティな香りが、初恋の気持ちを思い出させてくれる」「パートナーと新鮮な気持ちで盛り上がれた」など、たくさんのお悦びの声を頂いています。ピーチのフルーティな香りと、ほのかに香るカーネーションの繊細な香り…   誰にも遠慮することなく、恋をして愛しあう。これが自然な姿です。     セックスでお悩みのお客様からの質問 『妻が最近、濡れなくて困っています。どうしたらいいのでしょうか?』という質問をいただきました。   濡れないことは悪いことでしょうか?濡れないといけないのでしょうか? そこから考えを変えてみては?   濡れなくて痛いから潤滑ゼリーを使う。それは今までの考え方です。 これからは二人でセクシャルな関係を楽しむためにラブローションを使う。そんな風に考えてみたらどうでしょうか?   今までの潤滑ゼリーは男性にとって気持ちのいいものがほとんど。または旦那にバレずに潤滑ゼリーを内緒で挿入するもの。 でも、どこかおかしいと思いませんか?   セックスは二人のためのものなのに、内緒で挿入? 僕たちジョン&マリーはそんな男性目線の性を根本から変えていきたいと考えています。セックスは男性が気持ちよくなって、射精して終わり。そんなコンビニセックスから早く卒業してください。   これからのセックスは女性のために女性が満足して、喜びに変わるセックスを心がけてください。 厳しく言えば、男は射精しなくてもいいのです。   だから、ジョン&マリーのラブローションは男性が気持ちよくなるためのヌルヌルした化学成分は一切入っていません。 女性のお肌とデリケートな粘膜を保護し、保湿するためにお肌に限りなく優しいラブローションなんです。   もしあなたが男性なら、大切な妻や彼女のお肌や粘膜のことを考えてみてください。粘膜にパラベンや保存料、防腐剤の入ったものを塗りますか?中に入れますか? そんな男が女性を心から満足させることが出来ると思いますか?   性行為は人生にとって、大切な行為の一つです。AVビデオやエロい雑誌などに惑わされずに本当の『性愛』に目覚めてほしい。 それが女性に心から満足してもらう一番の近道だと思います。   そんな男性にジョン&マリーのラブローションを使ってもらいたい。それが私たちの願いです  

>記事を読む




ページトップへ