デリケートゾーン
自分史上最高のバストへ
ヒップケア、レッグケア
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

自信を失うと、仕事も恋も臆病になってしまう。 好きな人に、想いを伝えたいのに言葉が出てこない。 恋に大切なことは、自分を信じること。   「私は、世界で一番いい女」という自信を持つこと。 でも、わかっちゃいるけれど、できない! そして、落ち込む!   自信を失うと、誰だって言葉が出てこない。それが人間です。 皆さんも、そんな経験をされたことが、一度や二度はあると思います。 男と女は自信を失ったり、取り戻したりしながら成長し、最後に本物の愛に到達していくんですね。     ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!     | 子供っぽい嫉妬から卒業する方法! 自信を持ち続けること。 それが、人生においてどれほど大切なことかということです。 自分を信じる自信がないばかりに、せっかくの出会いや恋を見逃したりしていませんか?   僕も、そんな経験を若い頃にしたことが何度かあります。   もう、あの苦い経験は経験したくない。だから、思いっきり人生をエンジョイしたい、恋も仕事も楽しみたい自分らしく生きていたい。誰にも遠慮なく、この一度の人生を好きな人と分かち合いたいと思うようになりました。   そして、 男だって女性だって、やっぱり感じたい素直にエクスタシーを求めてみたい。それでいいと思うようになりました。   性をオープンにすることで「心が、こんなに軽くなるんですね!」という女性がたくさんいます。まじめな女性ほど性を、閉ざしてしまっているように思います。   セックスのテクニックはとっても大切です、愛がなくても感じることはできますが、愛のあるセックスは深いエクスタシーに到達する最高のテクニックだと思います。   その愛の中で、厄介なものが「嫉妬」というものですが、その子供っぽい感情の嫉妬から卒業することが、恋愛と幸せな夫婦にとって、なによりも大切なことなのです。   男と女が愛し合って、一緒に暮らし始めたら嫉妬という子供っぽい感情が芽生えてくるのは仕方のないことです。相手に裏切られるかもしれない、そんなことを考えてしまうこともあると思います。   男女の関係で多いのが、浮気をやめたのに許してくれないというケースがあります。   また過去の浮気にまでも、こだわってしまう。済んだ事なのに、こだわってもしょうがないのにどうしても、こだわって自分で心の中に怒りと悲しみで傷つけてしまう。   その理由は? 恋人にも夫婦の関係にも縦の関係を求めている男女の場合におこる、心理的な現象だと心理学では言われています。 仕事では上下関係という縦の関係がありますが、それを恋人や夫婦の関係にまで持ち込む男性が多いのも事実です。   性的な関係があると「もう、あの女は俺のものだ」。そんな都合のよいふうに考えがちですが、性的な関係があったからといって、人が他人を所有することができません。それが、たとえ恋人でも夫婦でも同じことです。   夫婦の関係というのは、お互いに相手を所有する関係であってはいけません。セックスをしたってエッチをしたって、自分のものじゃないということ。自分のものになるわけはありません。   でも未熟な私達は、そんなふうに思ってしまいます。   人が人を所有するということは、お互いが対等の関係でないということです。横の関係ではなくて、縦の関係のままで、恋人や夫婦の関係を続けているということになります。   どんな場合でも、人が人を所有するのは時代遅れの古い考え方の関係です。人間が人間を所有することはできません。たとえ夫婦でも親子でも仕事でも同じです。   配偶者は所有物ではありません、所有物だと思うから嫉妬心や話がこじれてしまいます。旦那が浮気をすると奥さんは「夫を取られた」と思います。あるいは逆に奥さんが浮気をすると、旦那は「妻を寝取られた」って言いますよね。   嫉妬という感情は、大人になれないまだまだ未熟な子供が、自分の所有物であるおもちゃを他の子供に取られたようなものなのです。   おもちゃは所有物ですけれど、妻や恋人は所有物ではありません。浮気をされて泣き叫ぶのは子供っぽいという意識がある証拠だということです。   愛とは、横の関係があって初めて可能で成り立つものです。   縦の関係がある限りそれは上下の関係であって、どちらかが支配し支配される関係になってしまいます。   結婚というものが「一生、あなたは私の奴隷にしますよ」「その代わり私も一生あなたの奴隷でいますよ」という約束事であれば、それはとっても馬鹿げているものだと思います。   夫婦の関係において、この縦の関係から横の関係へとシフトすること   お互いを認めあうことで、横の関係=愛の関係を二人で作り上げていくこと、それが結婚というものだと思います。   誰だって、みんな愛されたい。誰だって、嫉妬なんてしたくない。   いつも豊かな気持ちで、優しく笑顔で暮らしたい。 そして、大切にされ、人に感謝される生き方をしたい。   それが人の気持ちなのです。   欧米での心理学治療では、縦の関係から横の関係にすることで、浮気も減るという調査結果もあります。浮気をされたら離婚すればいいだけ。そんな楽な感情が芽生えて精神的に嫉妬という感情から解放されるそうです。   もし恋に自信を失っていたり、いつも上手くいかないのなら、今まで縦の関係の恋愛をしていなかったか?一度見直してみるといいと思います。   縦の関係で、男性と恋愛をしていなかったか? 縦の関係で、女性を俺のものとしていなかったか?   縦の関係では、いつまでたっても幸せにはなれません。   縦の関係から、横の関係の恋愛にシフトしてみることをお勧めします。   長い間、縦の関係の子供っぽい関係から、横の大人の関係にシフトすれば、仕事も恋も結婚生活も今までとは違ってうまくいくようになります!   横の関係になれば、今まで臆病で言えなかった恋も勇気を出して言えるようになりますよ。ダメだったとしても、落ち込んだりすることもありません。   告白して落ちこんだり、浮気されて怒りがわくのは、縦の関係をもちこんでいるからです。     最後に 人の数だけ、出会いと愛の形があります。 臆病な恋もあります、大胆な愛もあります。 どんな恋も横の関係で、楽しくお互いを尊敬しあって愛を育んでください。     今日は、嫉妬という感情は自分を傷つける感情なので、そこから抜け出す手助けになれればと思い書いてみました。   嫉妬から抜け出した後は、二人で仲良くラブローションで愛を深めてください!   オーガニック95%の自然な植物成分だけで作られた女性の肌と膣にとっても優しいラブローションで二人の愛も今よりも深くなっていくと思います。  

>記事を読む

「男と女の愛と性」について研究している日本では珍しい会社「オーガニック・セクシャルコスメのジョン&マリー社長のブログ」です。   愛と性を真剣に研究して4年が経ちました。   この4年間で300人くらいの女性と出逢い、恋愛、夫婦のこと、セックスのこと、エクスタシーなど女性のココロとカラダについて教えて頂きました。     女性は奥が深い。 300人ほどの出会いで、女性のことが分かったなんて言えませんが、少しは理解できたと思います。   女性の中にある神秘性や、男には理解できない感情や女性の生きる本能など。 ピュアなハートや美しい輝き、そして女の可愛い嘘。   どれも、女として生まれた特権のようなものだと思います。     ということで女性の事を学んだ結果、解ったこととは?   ①「100人いれば100通りの愛の形がある」「人の数だけ愛し方がある」ということ!   ②「女性は、スピリチュアルな世界や占いが好き」理由は、右脳と直感で考えているから!(男は左脳で生きている)   ③「女性がセックスで感じる場所は、千差万別で一人として同じではない」と言う事。   ④恋愛の悩みは「愛されたい人に、愛されないこと!」「大切にしてほしいのに、大切にされないこと」「認めて欲しいのに、認めてくれない」ということ。   ⑤「女はキレイになるために生まれてきた」と言う事   ⑥「セックスでオーガズムを感じた女性は少ない」と言うこと。その責任は男にあるということ。   ⑦「女性も男と同じように性欲もあり、エクスタシーを感じたい」と思っていると言う事。   ⑧「女の嘘は男には見破れない」女は嘘が上手だと言う事。   ⑨「女は誰からも批判されたくない、ジャッジされたくない」という事   ⑩どんなに素敵だと思う女性でも、どこかにコンプレックスがあり、それを克服しようと努力していると言うこと。     そして、セックスにおいては射精をゴールにしないセックス、男性も女性もイクことに、こだわらないセックス!が大切だということを、多くの女性から教えていただきました。     ほとんどの男性は、射精するためにセックスをしたいと考えています。そして、女性を感じさせたい、イカせたいと考えてセックスをします。   年齢に関係なく、これがほとんどの男のセックスの知識です。     ラブローション社長の僕も若い頃は、無知なセックスをしていました。 キスをして、下手な愛撫をして、濡れたら、挿入して、ピストン運動をして射精する。 これがセックス、愛しあうことだと思っていました。   それしか知らなかったのです。   女性が、声を出して感じているのなら、それがエクスタシーだと勘違いしていました。     こんな馬鹿な男でも、女性は優しく接してくれていました。 下手な男のセックスでも嫌なことも言わないで、我慢してくれていたのだと思います。 タイムマシーンで過去に戻れるのなら、笑顔で我慢してくれた女性たちに謝りたい思います。 「下手な男でゴメンなさい!」と。     男と女では性の考え方は大きく違うものです。   今日は、20代30代の若い男のために、伝えたいと思い書いています。 若い頃は、性の知識はほとんどありません。週刊誌やAVを見て、あれがセックスのテクニックだと勘違いしてしまう。   最近は、ネットなどの情報で少しは、マシなことを言っているサイトもありますが、残念ながらまだまだ本当のことを知らないのです。   ①間違ったセックスで、女性を傷つけないこと。 ②浅い性の知識で、セックスをしないこと ③あなたのセックスの知識は間違いだらけ!   だから、幸せなセックスをしてほしい! 謙虚になって学んで、女性を幸せにしてほしい。 それは、あなたの人生にとっても大切な事、幸せになる秘訣だということです。   全てを手にした男でも、たった一つ手にはいらないものが女性の心。 そんな悲しい男も知っています。     正常な肉体であれば、勃起して女性を抱きたいと思うのは男として当然の本能です。でも、最近は化学物質だらけの食生活や太陽の陽を浴びない(ビタミンD不足)影響で、本能が目覚めていない男性も多くいます。   また、40代50代でも仕事のストレスで、男の機能が衰えたり、本能が眠ってしまい考えすぎてEDになったりしています。     また、セックスをしたいのに相手がいない人もいます。 相手がいても、セックスをしない人もいます。   男なら、お金を払っていく場所もありますが、女性はそうはいきません。     日本は世界有数のマスターベーション(セルフプレジャー)大国です。 現代の若者は、本物の女性とセックスをするのは面倒。バーチャルな女性を見ながらマスターベーション(射精)をした方がいいと考えている若者も多くいるそうです。   男女問わず、一人エッチのためのラブグッズが、ものすごく売れています。 一人エッチもいいものですが、ず~っとそれじゃ味気ないものです。   セックスは二人でするもの。 愛しあうことは、二人で行う楽しい行為です。   |幸せなセックスを始めるには! ①二人の仲がいいこと ②健康であること ③心とお金にゆとりがあること   この3つの条件がそろって、幸せなセックスができるのです。 仲が良くなければ、当然セックスをする気も起きません。 健康でなければ、性欲もわかないし勃起しないので出来ない。どちらかが、病気であってもできません。     心とお金にゆとりがなければ、落ち着いて気持ちいいセックスはできません。 「心の余裕」は気持ちいいセックスにとって、一番大切なアイテムなのです。   幸せなセックスができるということは、この世で一番幸せなことなのです。     射精をゴールにしないセックスには、多くの効用があるとインドの文献などには書かれています。   僕も読んだことがありますが、射精をしないセックスは、精液の栄養素が全身を駆け巡り、男にパワーエネルギーを与え、女性を引き寄せる色気やフェロモンを出してくれると書いてありました。   実際に射精しない男性たちにもあって、確かめましたが事実のようです。 彼らも同じようなことを言っています。   ⭐️友人の65歳になる男性は、射精しないセックスをマスターして、何人もの女性と愛し合っています。 愛人がつねに7人ほどいる。その中の数人に僕もあったことがありますが、事実です。   🌟また55歳になる、もう一人の友人は45日間続けて、好きな人と毎日愛し合うとどうなるのか?という実験をしました。その間に射精をしたのは2回だけ、射精しないで女性を満足させるセックスをしました。   その結果、出会ったころは濡れなくてラブローションを使っていたのに、今は潤うほど濡れているそうです。   現在、彼は「毎日、勃ちつづける体の作り方」を男性たちに伝えています。     毎日愛し合うことは、仲が良くないと出来ない。射精しないセックスは究極のセックスの極意だと思います。   女性を日々、機嫌よくしてもらうために、男として何ができるのか?   当然、男なら仕事(収入)が安定してないと集中してセックスはできないし、心から満足してもらうにはストレスがあっては上手くいきません。   愛のあるセックスのお礼として、恋人や妻から月に2〜3度、気持ちよく男も射精して出す。 それが、幸せなセックスの始め方だと、沢山の失敗を重ねてわかりました。   そんなセックスをしている男たちを見ていると、みんないい顔をしている。幸せに満ちている。   女性を幸せにしている男の顔は、自信に満ちています。     女性のための気持ちいいセックスをしている男は、体も精神も健康です。 雰囲気も穏やかで、そして優しい。     ジョン&マリーは幸せなパートナーシップを伝えている会社です。   男と女は、分かり合えないことばかりですが、彼らのように射精を目的にしないセックスをしていると、女性は幸せだということ。   これは間違いありません! 僕も試してみましたから!     最後に、 射精しないセックス、幸せなセックスの始め方を実践すると、ラブローションが要らなくなります。 どんな女性も、濡れてくるからです。 閉経しても、いままで濡れなかった女性でも、皆さん濡れます。 潤滑ジェル、ラブローションの会社なので、売れないと困りますが(笑)その通りなのです。   いつか、全ての女性がラブローションが要らなくなる日が来るまで、幸せなパートナーシップを楽しく伝えて行きたいと思います。     気持ちいいセックス、痛くないセックス。 感じるセックス、潤うセックス。 美しくなるセックス、そして幸せなセックス!   愛を込めて、幸せなセックスを一緒に始めましょう! ジョンマリはこんな会社です!

>記事を読む

ジョンマリの社長のブログへ、ようこそ!   モテていますか? 愛しあっていますか?   人の悩みは、お金と恋(人間関係)と健康がすべて!   私たちはラブローションの専門ブランドとして、日本で初めてのオーガニック・ラブローションを作り「女性と恋(セックス)と性」のことをかなり真剣に楽しく研究し学んできました。   その悩みの中で一番多いのが、セックスの悩み。 セックスの悩みは誰にも相談もできない。誰に聞いたらいいの?と迷うところです。   せっかく相談しても、セックスに対する価値観が違いすぎたりすると、かえって困惑することもあります。 先日も、経験の浅い30代の女性と経験豊富な40代の女性との会話を聞いて、全く話がかみ合っていない。お互い違和感がある。     セックスを大人のゲームのように楽しんでいる女性と、真面目で経験の浅い女性では、ベジタリアンと肉食系くらい話がかみ合わない!(笑)   経験の浅い女性は、好きな人と結婚し、その男性と人生を共にしたい。セックスもその人だけでいいと考えている女性。浮気や不倫なんてありえないと考えています。だから経験が浅い。   経験豊富な女性は、色んな男性とエクスタシーを楽しみたい。好きな男性とのセックスもいいけど、ちょっと危険な男性とのセックスもチャンスがあればOKだと考えている女性。だから経験豊富!     一人の人とだけ?そんな馬鹿な!と考えている女性と生涯たった一人の男性と結ばれたいと願っている女性では、話が弾むわけがありません!   経験豊富な女性からみれば、幼稚な女性、未熟な女、可愛い子供、そんな風にしか見えない。 経験の浅い女性からみれば、何を考えているかわからない女性、貞操観念のない女性、進歩的な女性にしか見えない。     そんな考え方がまるで違う二人の女性も、男性に「愛されたい」という点では共通しています。 誰だって、やっぱり愛されたい!     そして! 痛いセックスはイヤ! 気持ちいいセックスがいい! という点で意見があい、話が弾んでいました。(笑)     経験豊富な女性でも、彼に悪いからという理由で ★痛くても、言えない! ★気持ちよくない、なんて言えない! ★下手なんて、絶対に言えない!   これだけの経験豊富な女性でも、痛いとか気持ち良くない。とは言えないものなのです!   彼に悪いからと我慢している女性がほとんど! これが現実です!     「俺は上手いから!大丈夫!」と言っている男性も実は、気持ちよくないセックスを続けているかもしれません。ぜひ彼女や奥さんに一度、優しく聞いてみてください。   「実は、、、、ゴメンね!」「時々、痛い時や感じない時もあるかな?」「でも、気持ちいい時もあるから!大丈夫よ!」と大体の女性はこう答えているようです。   男を傷つけないように、日本女性は素晴らしいと思います。   これがアメリカだったら大変! 「Oh My GOD!」と叫ばれて、その場でサヨナラなんて当たり前です。   笑い話ですが、ホントです!   日本の男はラッキ―です! セックスが下手でも、フラれない!   話を戻しますが、経験豊富な40代の女性が、これまでに気持ちいいセックスと感じたのはたった2人だけ! 後は演技で男性を傷つけないようにカモフラージュしていたそうです。(笑)   ほとんどの女性は、気持ちいいセックスを知らないということ! ほとんどの女性は、オーガズムなんて知らないということ!   「ほとんどの男性は、テクニックを誤解してるの!」とも言っていました。   セックスのテクニックやセックスの上手さというのは、特別な技とか技術的なことではなく「女性に優しく接すること」「女性を大切にすること」「女性を包み込むこと」これが一番大切な基本。   そのうえで、愛撫する手の感触だったり、クリトリスを舐める感覚だったりが上手いと、女はとっても気持ちいいものなの!   プロのマッサージと同じ。   上手なマッサージの先生は、こっているツボがどこか触るだけでわかるし、心地いい力加減もわかっている。 そんなセックスをしてほしいけど、マッサージの先生じゃないのでそこまではムリだと女は知っているの! だから、せめて感じるような雰囲気やムードを作ってほしい、優しくしてほしい!それだけでも全然違うの!     さらに経験豊富な女性は ★言葉でその気にさせて欲しい! ★雰囲気で酔わせてほしい! そんな思いやりのある大人のセックスが何よりも重要なことだと言っていました。     なるほど! 実は以前、交際していた女性に「愛の形は見えにくいから、物に変えて見せてね」と言われたことがありましたが、それも真理だと思います。(笑)   愛の形を、バックや宝石でみせる!   やっぱり男はバンバン稼いで、女性を酔わせないといけませんね!(笑)     |フェラチオのテクニック? フェラチオは男性にとって気持ちいい性行為ですが「彼が喜ぶフェラチオの上手な仕方」「彼が満足するフェラの裏技」そんな雑誌の特集やラブサイトがありますが、そんな女性雑誌を参考にしなくていい。雑誌を売るために過激に書いて読者をあおっているだけ!   男にとって、フェラが上手いとか、腰の使い方が上手いとかは重要なことではありません。フェラが上手くても下手でも、好きなら男は気持ちいい。それがセックスです。   愛しあう結果として、フェラをして気持ちよくしてあげたい!という女心、その気持ちだけで、男は十分に嬉しいものなのです。   そして、その反対で愛がなければ、女性もフェラなんてしたくない!   やはり男と女は、好きかどうかがすべて!   相手のことが愛しくて好きなら、フェラでもアナルでも楽しいし、美味しく感じるのがセックスというものです。   愛こそすべて! そこに、テクニックが加われば最高! そう思います。     |女はキレイになるために生まれてきた! 女性は美しくなるために生まれてきたのです。   それを男は理解しないといけません!   女性はキレイになることが、一番の仕事だから、どんどんキレイになって華やかになって生きることです!   外見も地味な服や暗い服を、着てはいけないんです! 赤とかピンクとかブルーとか華やかな色の服を着て、バンバン街に出て、男を魅了するんです!   地味で暗い美人よりも、派手で明るい女性の方がいいんです!   そっちの方が、男にモテるんです!   私、ブスなんです!と悩んでいるのなら一度、華やかで明るい服とキラキラの宝石を付けて街に出てみてください。   男は暗い美人よりも、派手で明るいブスの方が魅力的に見えるんです! だから、この世の中には、美人もブスもいないんです。 自分で勝手に、決めつけているだけなんです!   日本でブスだと言われていた女性がヨーロッパに行けば、アジアンBeautyと言われて、モテまくっている女性も知っています。   逆に、全然モテない優しい白人が日本に来て、モテまくる男もいます。ただ、白人というだけで(笑)。自信のない白人男が日本に来て、モテまくり自信を取り戻して、自分の国に帰ってモテるコツをつかんだ!   ★女性なら派手で明るいとモテる! ★男なら根拠のない自信と優しさがあればモテる!   世の中は、意外と簡単なのです。 顔の作りなんて関係ない、イケメンなんて全く関係ない。     男も女も、元気で明るくパワーがあって、笑顔をくれる人なら運もお金も恋もすべてを引き寄せるんです!     女はキレイになるために生まれてきた、男はモテるために生まれてきたんです!   女性はドンドン綺麗になって、男はバンバンモテて愛しあう。 これがこの世の真理!(笑)   もっと、もっと、愛しあって気持ちよくなっていいんです! セックスで恥ずかしがらないで、素直になって感じていいんです!   女王様も大富豪も大統領もハリウッドスターも、みんな愛し合っているんです! 痛いセックスにサヨナラして、気持ちいいセックスをして、もっともっと素直に愛し合っていいのです!   ジョン&マリーはそんな、愛する男女を応援します。   女は愛されたい、そのことを男は忘れないように!   一家に一本! ラブローションで夫婦円満!   愛を深めて、感じあってください! 僕らは愛を知るために、この世に生まれてきたのだから!

>記事を読む

痛いセックスはもう嫌! 気持ちいいセックスがしたい! これが女性の心の声。   初体験の女性の99.9%が痛い思いをした、セックスって本当に気持ちいいモノなの?と思っているのです。     ラブローション&デリケートゾーンコスメの専門ブランド「ジョン&マリー社長のブログへ」ようこそ!     初体験は女性にとって、苦痛でしかありません。 セックスの経験の浅い男性から、無理に腰を動かされ痛いのを我慢して耐えている。 「彼に悪いから」   それが続くと、セックスが怖くなる! 性交痛は、男性が考えている以上に痛いのです。   バージンの方や、やっとできた彼女と初めてホテルに行くときは、必ずコンドームと潤滑ゼリー(ラブローション)を男性は用意することがセックスのマナーなのです。   経験豊富な女性でも、ストレスやホルモンバランスの変化、セックスが下手な男性とするときは、痛くなったりします。   あなたがセックスの達人なら、ラブローションは必要ありませんが、そうでないのなら潤滑ゼリーやラブローションを用意する。あれば女性の痛みは10分の1に減り、苦痛に満ちた顔が和らぎます。     今日は、痛くな~い! セックスが気持ちいいと、女性の心は晴れ晴れとします。 女としての自信も芽生えてきます!   でも、今日も痛いのかな?どうしよう? ドキドキと緊張して益々痛くなる!     そんなセックスでは、女性はいつまでも痛いまま、セックスって本当に気持ちいいの? その結果、彼に会うことを避けたり、気持ちいいセックスを知らないままセックスレスになることもあります。     好きだけど、嫌。そうならない為にも、セックスのテクニックを磨いておくことはとても大切な事なのです。そして、コンドームとラブローションは必ずセットで準備して彼女を安心させてあげてください。それだけでも女性はリラックスできて「今日は痛くないかも!」と思うのです。     ボディと膣に十分な愛撫をして女性がリラックスしたら、ラブローションをたっぷりとデリケートゾーンに塗ってあげてください。挿入するときは、ゆっくりと少しづつ挿入することです。決して一気に挿入しないことです!   乱暴にしないで、ゆっくり、ゆっくりと。 愛撫は、出来れば1時間はしてあげてください。   *愛撫のコツは、しゃぼん玉を触れるように女性のカラダとクリトリスに触れることです。     少しづつ挿入しながら、彼女の顔を見て「痛くない?」と、何度か聞いてあげてください。 痛いようなら、それ以上挿入をしないこと、動かさないこと! じっと、そのままの状態で膣があなたのペニスに慣れるまで待ってあげてください。 それでも、痛いようならその日は挿入をしないで、クンニやフェラチオでお互いで楽しむこと。     男の気持ちとしては、挿入して射精したいと思うのが当然ですが、女性のための気持ちいいセックスを目指している男性なら、ゆとりをもって「また、今度にしよう! 今日はクンニで気持ちよくしてあげるね」と言えばいいのです。   女性の気持ちを察してあげてください。 真面目な女性ほど「痛い私が悪いの。ゴメンなさい」と思ってしまいます。 そんな女性の気持ちを理解して、男性から言ってあげてください。 「ゴメンね! 僕がセックスの達人なら痛くないのに!」と言えば、女性の気持ちは笑顔になります。     大切な事は、セックスで悩まないように接してあげることなのです。 誰だって自信はありません。 セックスに自信のある女性なんていません。 セックスで、女性の自信を奪わないようにしてあげてください。     そのうち、 セックスってこんなにいいものなんだ~!気持ちいい~~って思わせてあげてください。 別れた後でも、あの時の彼とのセックスは最高だった、と思われるようなセックスをお願いします。   くれぐれも、下手な男だったなんて言われないように!(笑)     |セックスの3つの好み、あなたのタイプは? 気持ちいいセックスにおいて、自分がどんなタイプなのか知ることは、とても大切なことなのです。 セックスのタイプには大きく分けて3つのタイプに分かれます。   ①時間が短いセックスが好き ②時間が長いセックスが好き ③一晩に何度もするセックスが好き   女性にも男性にも、色々なタイプの方がいます。   ★短いセックスが好きな方は、長い愛撫が好きではないので、できれば早く入れたい、入れてほしいと思っているかもしれません。 ★長いセックスが好きな人は、愛撫に十分な時間をかけて、ゆっくりと触れてほしいと願っているかもしれません。 ★一晩に何度もセックスするのが好きな方は、②に近い方で快感が長く続く人なのかもしれません。   あなたは、どのタイプでしょうか?   お互いのセックスのタイプを知ることは、とても大切な事です。   ただ相手によって、自分のタイプが変わることもあります。   テクニックが上手い男性から究極の愛撫をしてもらえば、短いセックスが好きだった人も、長いセックスが好きになることもあります。一晩に何度もイクのが好きだった人が、一度のセックスで満たされ満足するということもあります。   セックスは不思議です。   愛とテクニックの両方が必要ですが、愛だけでは、体は満たされません。セックスのテクニックがあれば気持ちいいセックスはできますが、それでは味気ない。   愛とテクニックの二つがそろえば、これほど素敵なものはありません。   気持ちいいセックスは、女性にとって最高の美容液と同じなのです。 男性は、愛し方を知りセックスのテクニックを磨き、女性をいつまでも美しく潤す最高の美容液になってあげてください。   ”私の彼は最高の美容液!ウフフ” |男と女の5つの相性 男女の間には性格の相性、趣味の相性、食の相性、お金の相性、そしてセックスの相性の5つがあります。5つの相性のバランスがいいと幸せになれることは間違いありませんが、そうならないのが人生。   経験から言うと、性格の相性は思いやりで補えますが、セックスの相性だけはどうにもならない!   何度もしたい女性と、淡白な男性であれば、どんなに好きな相手でも、いつしか彼に対して不満がたまるものです。あるいは自分は淫乱なのではないかと、悩んだりすることもあるかもしれません。   逆に長いセックスが苦手という女性は、長いセックスが好きな男性には苦痛を感じるかもしれません。短いのが好きな女性は一緒に話をしたり、イチャイチャするのが好きなので、セックスが好きな男性には不向きとなります。   あくまでも、セックスの相性とは右利きと左利きのようなもの。単なる「タイプ」なので、どちらがいいとか悪いとか言うものではありません。   相性が悪いとどちらか一方が傷ついたり、セックスの相性が合わないから別れてしまうこともあります。   また、相手が変われば、上手くいくこともあります。   相性がいいのは!   ★短いセックスが好きな女性と早漏の男性 ★長いセックスが好きな女性とテクニックでイカせる長い愛撫が好きな男性 ★何度でもセックスがしたい女性なら、体育会系のエネルギッシュな男性が合います。   愛があっても、セックスの相性が合わないと苦しくなります。そんな時は、セックスのテクニックを磨き、相性をカバーしてください!   セックスの相性は、結婚生活において大切な要素なのです。できれば、相性のいい方と結ばれるのがいいのですが、今の時代ならフランスのように、セックスの相性を確かめてから、結婚を考えてみる!それでもいいと思います。     │セックスはお互いを認め合う行為 セックスはお互いを認めあう行為です。 丸裸で向き合うわけですから、自分も相手も否定しないことが何よりも大切なのです。   セックスの達人なら、どんな相手でも満足させることはできますが、我々のような普通の男性ならそうはいきません。   好きなのに、少し違うかなと感じたら早めに言葉で伝え合いましょう。 セックスにおいては「まぁ、いいか!」はそのままにしていると、後々不満が溜まってきます。   早めに気持ちいいセックスの感覚を確認しあって、お互いのセックスの好みを知ることが、いつまでも愛しあえる秘訣だと、セックスの達人は言っていました。     |エクスタシーを感じたことはありますか?   男は女性に、満足してほしいと思っています。 男は女性に、感じてほしいと思っています。 男は女性が、イッタかどうかが気になります。   これが男です。   イカせたい! 射精したい! 俺のものにしたい! これらは男の本能ですが、男性主体のセックスから、女性主体のセックスにシフトしてほしい。 イカせるセックス、射精するセックスから、女性を満足させるセックスにステップアップしてほしいのです。     射精したい、イカせたい人は、今度は女性が満足するセックスを目指してください。それは男性として一人前になった証です。     |最高のセックスとエロス!   エロスとは、辞書を引けば「性欲、性愛、男女間の愛」と書いています。   愛だけでは、二人の関係を続けることは難しい。 愛とセックスのテクニックの二つがそろって、男女の関係は成り立つんだよ。そうセックスの達人から教えて頂きました。   「世の中のほとんどの男性は、セックスのテクニックを無視して女性と性交をしています。女性にとってそれは、まずい料理を出されて、我慢して食べさせられていることと同じなのです」   「ド素人が作ったまずい料理で、美味しいだろ!と言われても無理な話なのです」 「俺の作った料理がマズイ? ふざけるな!お前のような素人に俺の料理がわかるか!」と、そんな男性がほとんどなのです。   「セックスもそれと同じで、技を磨いていない男性が、自分本位でするセックスほど苦痛でしかないのです。触られても気持ちよくない。男性が射精したら終わりのセックスは女性をバカにしたセックスなのです」   「愛がなくても、セックスで気持ちよくなれます。そこに愛や思いやりが加われば、それが最高のセックスになります」   「一夜限りの相手とでも、セックスを通して愛は伝えられます。心が通いあうことはできます」   「最高のセックスとは、お互いが一つになる感覚、それが最高に気持ちいいセックスなのです」   そんなことを、セックスの達人から教えて頂きました。     男女の「愛と性とテクニック」を研究していますが、まだまだ達人の領域には達していません。多くの女性にも協力してもらい、実践もしていますがまだまだ未熟です。   ようやく、女性の入り口の扉をひらいただけ。それくらいの位置にいるのだと感じています。   性交痛のための潤滑ゼリーやラブローションをつくり、現在は、ニオイや黒ずみ解消のためのデリケートゾーンケアのコスメも開発しています。   愛とセックスのテクニックの二つがそろえば、女性を幸せにできる! そう信じて、これからも真摯に学んで皆様にお伝えしたいと思います。   ジョン&マリーは、男たちが女性を幸せにしたいと願い作ったオーガニックコスメの会社です。 女性が痛くないセックス、気持ちいいセックスを目指して、永遠に愛される女性であるために、必ず幸せを手にできるために。   僕たちは心をこめて、愛の本質を発信していきます。

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ