デリケートゾーン
自分史上最高のバストへ
ヒップケア、レッグケア
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

先日、若い二人が「結婚します」と、あいさつに来られました。   何かお祝いの言葉と思ったのですが、ふっと口から出た言葉が「結婚式の鐘の音は、これから始まる戦いの合図だから…..」と、言った後にしまったと思ったのですが、若い二人が「はい、それを承知で結婚します」ときっぱり。   そうか!   この修業は永くて、時には辛く悲しいこともあるけど、いいことも楽しいこともある男と女の修行。   このことは僕も結婚するときに、叔父から言われた言葉ですが、その時は僕に限ってそんなことはない!なんて知らんふりをしていたのですが、実際に結婚式のゴングの鐘がなると、やっぱり戦いの合図だったんだと思いました!(笑)   そして、最終ラウンドはストレートパンチを食らい、床に沈みノックアウト(離婚)   そんなことを思い出しました。(笑)   今では良い思い出ですが!   結婚は素敵な体験です、一度は経験した方がいい。     ジョン&マリー、ラブローション社長のブログに、ようこそ!   男女の出会いは不思議でいっぱい。 どうして、あの時あの場所で出会うのか? それは誰にもわからない。   恋をすると脳から好き好きホルモンがでて、どんな人でもカッコよく見える。 好き好きホルモンは、3年経つと出なくなるそうです。 3年たつと、目が覚める。   「私、どうして、この人と結婚したのだろう?」って思うそうです。   3年たって冷静になったときに、やっぱりこの人で良かったと思えるならいいけど、そうじゃない場合が問題、その時の心の準備ができてますか?(笑)   まったく違う価値感の二人が、出会って一緒に暮らす。上手くいかないのが当たり前なのです!   努力をしても、上手くいかない時もある、愛があっても上手くいかない時もある。   それが結婚というもの、複雑に考える必要はない!   無理に感情を押し殺し、つじつまを合わせようとしても苦しくなるだけです。   最初から、結婚式の鐘の音は、これから始まる戦いの合図!だと、知ってれば楽になれて、不必要な喧嘩はなくなります!   喧嘩の時もあれば、楽しい時もあるのが結婚生活。 ジョン&マリーのラブローション(潤滑ゼリー)は、そんな喧嘩の仲直りに使ってほしい。   ラブローションで、喧嘩した二人が楽しい関係に戻れる。 仲直りにラブローションを、ベッドの側にそっと置いておく!   「そうなんだ!私と仲直りをしたいのね、ウフフ~」   男は素直に謝れないから、「ごめん」の代わりにラブローション(潤滑ゼリー)を!   「今夜は、私を食べたいのね!」 夫婦の関係は、それでいいと思います。   喧嘩した後は、たとえ女性が悪くても男から謝るのが男と女のマナーです!     |セックスのテクニック 男には2種類のタイプがいる! セックスは男女の心と体がつながるもの、男が射精するためのものではありません。   射精は、おまけのようなもの。 男は女性に奉仕するサーバントです。女性が満足して、そのお礼として男は射精できる。   女性の中には、自分が満足していないけど、男性をイカせてあげたいと考えている優しい女性もいます。そんな女性と出会ったなら、宝くじで一等があたったようなものです。   いつまでも、大切にしてください。   でも甘えてばかりでは、いつか離れていきますので、やっぱり女性の満足のためのセックスを心がけることが大切です。   そんな男には、セックスレスはない!   アダルトビデオは、たまに見るには楽しいのですが、でもやっぱり 売るために作られたもの、男性が興奮するために作られたものなので、よくよく観察してみると女優さんの顔がゆがんで、苦痛に耐えているように見えます。   ホントに気持ちいいの?  ホントは痛いんじゃない?   気持ちいいなら、うっとりとした潤いに満ちた顔になると思いますが、そうではないのでやはり演技なのですね。(当たり前ですが!)   女性は激しいセックスよりも、優しく包み込むようなセックスの方が好きです。大切にされていると感じれるセックスがいいんですね。     男には2種類のタイプがいます。 自分だけが満足して終わるタイプと、女性を満足させることに喜びを感じるタイプ。   男は射精したいという欲望や女性のカラダに触れたいと思う欲望から卒業して、女性が満足するためのセックスを心がけることで運が開けてきます。   そのためのセックスのテクニックは、知っておいたほうがいい。 「俺は知っているからいいよ!」と言わずに、一度真剣に学んでいてほしいと願います。   僕の周りの男達も、最初はそう言っていましたが、男のプライドを捨てて学んだ後は「本物の自信がついた」「女性がイク姿を初めて見た」「男らしくなった、以前よりもモテるようになった」と感想を述べています。   ”男は女性が満足するセックスをすると、人生にも仕事にも自信がつくんですね。そしてどんな女性と出会っても慌てることなく、優しく接することができるようになる”    本物のテクニックは優しさからです!   優しさが伴わないテクニックを実践したところで、女性を奥深いオーガズム(天国)に導くことは不可能。セックスは、男と女が一つになるためのもの、つながるためのものです。二人の生命エネルギーを与えあい循環し、尊いエクスタシーに到達するものです。   エクスタシーには、射精は必要ありません。   挿入して、そのままじっとして感じあうだけでもいいのです。     |セックスで一番大切なことは? 女性の心のブロックを外してあげることです! そのためには、優しい愛の言葉は大切です。   どんなに、セックスのテクニックを使っても、心のブロックが外れない限り満足は得られません。   それが女性です。   優しく優しく優しく、もっと優しく。 触れる感触に「痛くない?」「綺麗だね!」   女性は好きな男の言葉で、もっと美しくなれる!     心のブロックを外すために、指で行うアナルセックスがあります。アナルは女性にとって一番恥ずかしい場所、そこを愛撫し女性の感情をオープンにして心のブロックを外す方法もあります。 (*挿入は禁止です)   アナルセックスの恥ずかしさで心のブロックが外れ、オーガズムを初めて感じたという女性もいます。   ほとんどの女性の頭と心には、過去の嫌な体験や厳しいルールなどで、鉄のブロックがかかっているんですね。そんな女性達のブロックを取り払うことができるのが、愛のあるセックスだと思います。   愛でしか、女性の心を解放することはできません! 男はそんなセックスを、目指してほしいと願います。  

>記事を読む

心さえ豊かなら、幸せな恋も愛もすべて引き寄せられるのに!   人生はゲーム!「嫌なことを笑いに変えるゲーム!」のようなもの。 どれだけ、嫌なことを笑いに変えられるか?   離婚も失恋もその一つ!   ラブローション社長「ジョン・サンデーのブログへ」ようこそ!   僕の経験からですが、失恋の脱出方法と新しい恋の始め方をお伝えします。   不思議なもので、別れた大切な相手でも、過去への執着がクリアになれば、またお互いを引き寄せ不思議な縁がまた巡り巡ってくる。   何年かぶりに別れた人と出会い、大人の恋をすることもあります。   過去へのこだわりや執着が無くなれば、別れた相手といい感じで再会できるようになります。「あの頃は、色々あったけど今思えば楽しかったね!」と言える関係になれるものです。   いつも感じることは、僕らは一番必要な人と出会い恋に堕ちる。それが人生だと思います。     そして、別れても同じようなダメ男とばかり出会う人は学んでいない人。成長していないから同じような人を引き寄せて恋をする。そして同じように傷ついてしまう。   「なんで? いつもこうなの?」そんな女性たちから相談を受けますが、アドバイスをしても自分を変えようとしない。   例えば、毎日甘いものばかり食べて「なんで? 私、太るの?」「原因が分からないんです!」と言っているようなものです。     男と女の関係は誰にもわかりません。 言えるのは、今のあなたにとって丁度いい人と出会う。 それが運命の法則です。     つい先日まで仲の良い夫婦が、今やお互いに弁護士を通じてでしか、会話できなくなるほど険悪になることも、世間にはよくあります。   ある日、人が変わるワケじゃない性格が変わるワケでもないけど、そんな日がやってくる。言葉や仕草が気になったり、何気ない一言でまったく気が合わなくなったりする。   出会ったときは仲良かったけれど、今はラインもFBもブロック、音信不通! なんで?と思うこともあります。   嫌いになったわけじゃない。ただあなたと一緒にいることに彼(彼女)が価値を生み出さなくなっただけ、だから相手が離れていっても気にしないこと、追っても仕方がないのです。   だって、向こうはあなたと過ごすことを望んでいないのだから。   そんな相手を無理矢理つかまえて「なんで?」と問い詰めたところで、嫌われるのがオチなのです。 でも頭では分かっていますが、それが受け入れられないのが人の気持ちですね。     時間が解決する? それが一番の答えですが、大切なことは心を豊かにすること!   心が豊かなならば、幸せな恋も愛も彼もお金もすべて引き寄せられる! 「心の充電器を満タン」にすること、それだけに集中すること。   美味しものを食べる! 美しい景色に触れる! 赤ちゃんの笑顔に癒される! 心豊かな人と触れ合う! 旅に出る!   経験から言うと、失恋や落ち込んだ時の脱出方法は、環境を変えてみることです。 僕の場合は、全部整理して1年ほど旅に出ました。 破れた心の穴を元に戻すこと! 心を満たすこと!     離婚とは、お互い別の道を歩むことが必然になっただけです。   縁ある人と出会い、縁ある人と結ばれます。 縁がなくなれば、離れるだけ。   考えてみれば、相手が離れていくこともあれば、自分のほうから離れていくこともあります。理由を求められたり、追いすがられたりしたところで、納得できる説明ができないのが恋愛というものです。   別れがあるから、出逢いがある。   「去った人への執着を手放す」   つらい別れのあとには、必ず運命の出会いが待っています!     心が豊かになれば、運命の人と出会う! 心が愛で満たされれば、幸せな恋も愛もすべて引き寄せられます!     |新しい恋の始め方! 人生を複雑にしていませんか?   僕たちの持ち時間は意外と短いのに、複雑にして悩んでいませんか? 恋も人生も、簡単にシンプルに考えたほうがいい答えが出ます。   知らない街のカフェにいても流れてくるのはラブソングばかりです。そんな時に、ふと思うことは?   恋も仕事も人生も、色々とあるけど意外と適当でいいんだ。あまり深く考えすぎないこと、マジメすぎでも上手く行かないということ。   少し気を緩めて楽になって、人と自分を比べるのをやめてみる。   好きな人とのセックスが楽しくなかったり、尽くし過ぎて疲れたり。もっと楽になって、わがままになってみる!     たった一度の人生、アナタならどんなラブソングを歌ってみたいですか?   人生も映画も歌も、最後はハッピーエンドがいいに決まっていますが、ちょっとした行き違いのケンカや辛い別れもないとラブソングは盛り上がりません!   離婚や失恋は、私の人生を豊かにしてくれるスパイスのようなもの!   人生はシンプルでいい! 愛されること、愛すること。   恋を始めるために何が必要? それは、心を複雑にしないことです。 もっと簡単でシンプルでいいのです。     ジョン&マリーの仕事はオーガニックのラブローション専門ブランドです。男達が女性を幸せにしたいと願い作ったセクシャルコスメです。   男女が「愛し合い感じてほしい。愛を深め、女性を大切にしたい」と願い作っています。   男女の関係は、色んな問題があって当たり前だから、複雑にしないこと!   複雑になったと感じたら、恋人同士でも、夫婦でも休息することは大切なことです。 少し距離をおいてみることです。     「時を超えて愛せるか?」なんて聞かれると気が重くなるから、もっと軽く愛し合ってもいいと思う。お互いのためには、楽な関係の方がいい時もあります。   「今の気持ちのまま、ず~っといること?」 でも人の気持ちは変わるもの、変わった気持ちを責めないこと。一生、同じ気持ちなんてありえないから、無理をしない方がいい。   「少し愛して、長~く愛して」これくらいがいい。     最後に、 人は愛を学ぶために誰かと出逢い、愛を知るために別れがあります。 そしてラブソングが生まれます。 人は自分だけのラブソングを作るために、誰かと出逢う。 それが、恋愛だと思います。  

>記事を読む

女はキスでとろけたい。 私をキスでとろけさせて、そんな願望を女性たちは持っています。   キスとは、唇を愛撫すること。まずはキスから始めて感情を高めることが大切です。   チュッというフレンチキスから始まって、徐々に濃厚なディープキス、そして舌を絡め合う。キスとは唇を愛撫して女性の感度を高める行為だと思います。   無我夢中でする激しいキスは、求められていると実感できて女性は嬉しくなるものです。だから唇を優しく、時には激しく愛撫してください。   そして舌も愛撫してあげること、舌が動いているとクリトリスを舐められる時のようなことを女性は想像するものです。それぐらい唇と舌はセクシーな場所だということです。     ジョン&マリーオーガニック社長のブログへ、ようこそ!   「キスは唇の愛撫なんですよ!」そんなことを女性から、教えていただきました。   キスの上手い男性は、この人はセックスが上手いと予感させてくれる。キスが下手な男性はセックスもヘタ。そんなイメージをもつそうです。   その通りだと思います。   その人の人間性や性格、心の中の感情が表現されるもの、それがキスです。   優しいキスなのか? 激しいキスなのか? 欲望だけのキスなのか? 愛のあるキスなのか? セックスを楽しむだけのキスなのか?   キスなしのセックス、体だけを求める行為は決して女性は喜びません。女性のハートは男が思うよりも敏感です。   キスは心と唇の愛撫!   女性のハートが喜ぶセックスは、褒め言葉と甘いキスから。   男は女性を褒める。 女性が喜ぶ言葉と甘いキスで、心をうっとり潤わせてからがセックスのはじまり。いきなりバストをつかんで揉んでも、女性は感じません。     女性は誉めれば、褒めるほどキレイになっていく! 目の前にいる恋人や妻をブスにするのも、美人にするのも男次第です。   女性はキレイになるために生まれてきた。 男は女性を綺麗にする為に生まれてきた。 それが男と女の関係。   女性を美しくできない男性は、素直に「女性の扱い方」を学んだほうがいいようです。   セックスで女性が美しくなる。女性が喜ぶセックス。それがジョンマリが目指すセックスです。   |女性が喜ぶセックスは、褒め言葉と甘いキスから! 女は甘いケーキと、とろける言葉に弱い!   最近、肌が綺麗だね! 髪、素敵だね! この料理、美味しいね! 新しい服、買ったの? すごく似合うね! 肌ツルツル、いい香りがするね!   女性を褒めるときは、はっきりと具体的に褒めることが大切です。 女性には、あいまいな表現では伝わりません。   逆に、男は大げさに褒めることで勝手にイメージをしてくれます。 スゴイ!ということが伝われば、男は満足。「あなたの大きくてスゴイ!」それでいいのです。   スゴイ! かっこいい! キャー素敵! 世界一! 最高にいい男! 色気がある~!   女性は具体的に褒める。男は大げさに褒める! これがポイントですね!   男のカラダは、褒めると女性を引き寄せるフェロモンが出てくるようにできています。(科学的な根拠はありません。僕の経験です)   だから、褒める男はモテる。 褒めることは、相手を楽しませること。 ディズニーランドも音楽コンサートも同じ、相手を楽しませることは誉めていることと同じ暗示なのです。   優しく褒める。時々、ユーモアを交えて褒める。     |女は口説かれたい! ジョンマリの調査では、男性に声をかけられて嫌だといった女性はいません。   声をかけられても、ついていくことは稀ですが、女性は基本的に声をかけられて嫌な気分になることはありません。顔は嫌な雰囲気をしますが、どんな女性も心の中では嬉しい。   女は口説かれたい!これが真実なんですね。   だから、男は疲れたなんて言わないで、勇気を出してもっと甘く女性を口説いてほしいと思います。   暴走族でも彼女がいるのに、真面目で頑張っているあなたに彼女がいないのはオカシイのです!   男の本能を全開にして、女性に声をかける。年齢に関係なく50歳でも60歳でも女性に声をかけられる男であること。   そんな男からは、甘いフェロモンがあふれ出してくる! 情熱的なアルゼンチン・タンゴでも、女性から男性を誘えない。男から誘われるのを待つんですね。 メスを引き寄せるオスになって、熱く愛を語りあおう!   女は口説かれたい!それを忘れないでほしい。 恋人も長年連れ添った妻も、たまには映画のように口説かれたいと願っているんです。 いつまでも、女性を甘くとろけさせて愛し合ってください。   セックスは最高のエクササイズです。   |美しく老いるコツは、恋人を作ること! 男が甘い言葉をかけて、女性を徐々に女にしていく。 恋愛とセックスはフランス人に学んだほうがいい。   フランスの作家シモーヌ・ド・ボーヴォワールの言葉のように「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」   ”恋をする女の最高の幸福は、恋する男性によって彼自身の一部と認められること。男は女にすべてを与えよと求む。女がそのとおりにすべてをささげ献身すると、男はその重荷に苦しむ”   彼女のように全てをささげる前に、男を手玉に取って男を追いかけさせること。女が男に尽くす時代は終わったのです。 これからの時代は、男がすべてをささげて尽くす時代なのです。     「あなたのプレゼントなんか欲しくないわ。欲しいのはあなた、あなただけ!」といったフランソワーズ・サガンですが、彼女のような生き方もある。   ”美しく老いるコツは? 恋人を作ることよ!”   人は愛を知ると詩人になると言われます。この愛の力を使って、サガンのように破天荒な詩人になって男をドキドキさせてみるのも悪くないですよね!   欧米ではインテリジェント・教養・知識・ユーモアのある会話ができるのがセクシーであることの大きな要素だと言われています。感性を豊かにしてくれる読書を実は欲望の最強のツールなんですね。   ”木陰で、本を読む女はセクシー”     愛を磨く 「フランス男は女性に尽くすことはあっても、尽くしてもらうことはめったにないの」といったのは、フランス在住20年の女性。   基本的にエッチで軽い、でもエレガントでロマンティックなとこもあるのがフランス男の特徴。女性を誘うのが礼儀だと考え、女性からの誘いを断るのはマナーに反するという肉食系の人種。それがフランス男だそうです。   日本人とフランス人の違いは、自分磨き(自分探し)には日本人は時間とお金をかけるけど、自分を磨いても愛のない人生に何の意味があるの?それが日本人とフランス人の大きな違いのようです。   ジョンマリの社長の僕も何も知らない若いころは、自分磨きのためのセミナーや研修なども受けましたが、今思うことは「愛を磨いたほうがいい!」ということ。   自分磨きは自分のため、愛を磨くことは相手のため。この違いですね。   恋愛とセックスは、フランス人のほうが進んでいるようです。いいところは参考にして甘い言葉とロマンチックな気分で、恋愛を楽しみましょう。   甘い言葉が苦手なら、ムードのある音楽でも。   あとは、 男も女も年齢なんて、気にしないこと。 素直になって、愛を語りあってください。   欲望のない女はいない。 男は女性を酔わせる達人になること。   恋の予感がしたら、ジョン&マリーで! 初めてのラブタイムには、オーガニック・ラブローションを忘れずに!

>記事を読む

男は、女性に生かされている!   所詮、男は女性なしでは生きていけない。女性の性エネルギーを受けとり、女性に生かされ成長させられている。男はそれを知ることが大切です。     ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!     |男性中心のセックスから、女性中心のセックスヘ   セックスとは何か? 経験の浅い何も知らない頃なら、男の欲望を満たすための行為で、女性は愛しているが故に、その欲望を満たすためのお手伝いをするだけのもの。それがセックスだと思っている男女もいると思います。   セックスとは、癒しであり楽しみです。   なくてはならないもの、お互いの心と体が癒されなければセックスをする意味はありません。   癒されるからこそ、欲望を交換しあえる。だから、乱れている自分すら見てほしいと思えるようになっていくんですね。     ほとんどの人のセックスは男の欲望を満たすための行為であって、女性はそれに付き合わされているだけ。 欲望を感じること、はしたないこと。女からは求めてはいけないと思っている。   そんなセックスが、ほとんどだと思います。   そんな男性中心のセックスから女性は解放されて、自分自身が自由になるセックスをすること。   セックスそのものを、楽しめるようになること。 そうすることで、女としてのステージが上がっていくのだと思います。   セックスをしても、自分を解放することができない。本当はセックスを、楽しみたいけど楽しめない。そんな人もたくさんいると思います。   相手に嫌われたくないから、仕方なくセックスに付き合っている。そんな女性も実は多いのではないでしょうか?   本当のセックスとは、自分をさらけ出す行為であると思います。   心から満足すること。   性的な体液の交換をするだけではなく、内緒にしている秘密や性癖、心の奥底にある性の願望。そんなことを洗いざらい、さらけ出して相手に伝える事。   要するに自分の心の奥に眠っている欲望を、相手に伝えることだと思います。   性癖なども包み隠さず全てさらけ出す。それが出来て初めてエクスタシーの準備が整い、ある一定の快感に到達していくように思います。   自分の心を裸にすること、思い切り自分の欲望を表現すればいいのです。   自分の欲望を素直に表現することは、ジャンクなセックスとは違います。   心がオープンにならないと、あの究極のオーガズムを味わうことはできない! そう思います。   セックスで大切な事は、快感と満足感の違いを知ること。 挿入してピストン運動すれば、ある程度の快感はありますが、満足感は得られません。     |セックスをつまらなくした原因は何か? 現代の男女は忙しい人が多い、男も女も忙しい。 だから、早く出して終わらせたい。   疲れているからと言う理由で、セックスに時間をかけたくない。   女性もまたセックスはとりあえずの欲望が、解消できればいいと言う感覚で、早く済ませちゃう!そんな女性も多いようです。   薄っぺらい快感だけの行為、その奥にある本物のエクスタシーや、彼とつながって一つになるという感覚を知らないまま、これがセックスだと勘違いしている。ほとんどの男女のセックスはこんなものだと思います。   お互いにセックスは、性欲の解消でしかない。そんなセックスをしているのが今の世の中。だからセックスがつまらなく楽しくない。   そんなセックスを続けていると、セックスとは楽しくない、つまらないものという悪循環に陥ってしまいます。   それを避けるために大切なことは、愛し合う時間を作ることなのです。     性に目覚めてない若い女性の多くは、相手の男性の本能的な勢力に従うだけ、相手の欲望を嫌われたくないからと言う理由だけで、義務的に受け入れるだけのセックスはもう終りにしましょう!   多分、女性の中にもいると思います。 どんなに好きな相手でも、今日は早く終わってほしいと心の中で願ったりしている人が! これではセックスは、楽しいはずはありません。義務になってしまいます。     女性は男性の性欲を、解消する道具ではありません。     愛するパートナーと、ゆっくりセックスを楽しむことで満ち足りた気分になること。   満ち足りた気分になれば、ストレスも減り人にも優しくなれます。 人に優しくなると、自分を愛しむことができる。そんな女性は輝き男は元気になり、運気が上昇する。 それが最高のセックスだと思います。     女性は、いいセックスをすれば生まれ持った本能が目覚めるわけですから、必ず誰でも美しくなります。体調も良くなり、感覚も冴えいいアイディアもひらめき、仕事で男性を成功へとサポートできるようになります。   いいセックスは五感に刺激を与え、幸せなインスピレーションをもたらしてくれます。それが良いセックスなのです。   そんなセックスができていれば、自然と心身ともに、リラックスできて体の中に元気なエネルギーと優しい勇気が湧いてきます。   精神的に向上し高めてくれる。それが愛に満ちたセックス!   だから、男は成功したいのなら、女性が満足するセックスをすることは、自分自身のためにもなることなのです。     |セックスの満足は前戯で決まる。   セックスの良し悪しは、前戯の質と時間で決まります。   前戯が良ければ、女性は満足します。   EDでも、早漏でも大丈夫です。 ほとんどの男性は勃起し挿入しないと、男としてダメだと勘違いしています。   だから、硬く勃起して挿入し強烈なピストン運動をして、射精するセックスを目指しています。   極端な例で言うと、前戯にたっぷりと時間をかけて気持ちよくして、挿入後はあっけなく逝ってしまう。そんなセックスでもいいのです。   前戯はそこそこ、挿入後に時間をかけて色々な体位を駆使してピストン運動をするセックスでは、女性は満足感を得られません。   これは多くの女性の意見なのです。     質と時間をかけた丁寧な前戯に、女性は愛されている大切にされていると思うのです。   前戯がおざなりで、すぐに挿入する手抜きセックスでは、「私は愛されていない、大切にされていない」と感じ不満になるものです。   女性は挿入後、どんなに満足であっても愛されていない感じがのこると、不満や不安を覚えることになります。     大切なことは心を込めて、前戯に時間をかけることです!       |男の必須アイテムは、コンドームとラブローション!   ジョン&マリーは、女性性を開くことを目指し、潤うカラダのための「デリケートゾーンケアのエナ・シリーズ」や「マシュマロ美乳」「ヒップ&レッグ・スリムジェル」などの商品開発を行ってきました。   また、性交痛が原因でセックスレスにならないためにも、女性が安心して使える無添加の潤滑ゼリー・ラブローションの商品も作りました。(*発がん性物質、パラベン、保存料などを含まない)   女性の愛と幸せのために、男たちが一生懸命に作ったセクシャルコスメの専門ブランドとして、「女性が自分らしく生きること」「セックスで感じることは素敵なこと」をお伝えしたい。   前戯の時間が省略され、いきなり挿入? 何も感じないまま、今日も終わり? セックスって、そんなに気持ちいいの? 私、一度も満足したことがないかも?   そんな事にならないためにも男は、楽しいセックス、満足するセックス、愛おしいセックスを学んでほしいと願います。   女性を気遣う優しい男性なら、コンドームとラブローションは必須アイテムです。そんな男性が増えることを願って、ジョン&マリーは今日も二人の愛と調和のために頑張っています!   女性の肌と膣に安全なラブローションなら、オーガニック95%がオススメ!  

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ