デリケートゾーン
自分史上最高のバストへ
ヒップケア、レッグケア
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

セックスをするとき男性はコンドームを準備しますが、それと同じようにラブローションも準備してあげてください。   ”今日は彼女と5回目のデート!” ”前回はキスもしたし、今日はセックスができる!かも?”    やっと訪れた待ちに待った今日のデート! そんな時、男は誰でもコンドームを準備します。(心の中は、チャンスを逃がさないためにバクバク心臓がうなっているものです(笑))   食事中も街を歩いている時も、頭の中はどうやって彼女をホテルに誘おうか?そればかり考えている!でもそれを悟られたくないから、セックスなんてあまり興味がないそぶりを見せる。それが男の気持ち!   でも、本当はヤリたくてたまらないんです!(笑) 遊び慣れた男なら、ためらうことなくホテルに直行しますがそれでは味気ない。 遊び慣れた男でもホテルに誘うのをドキドキするくらいの女性と出逢って欲しい、そして女性もそんな男をドキドキさせる女であって欲しい。 簡単にホテルに誘われる都合のいい女と思われないためにも、魅力的な女性になって男をドキドキさせてやってください。     ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!   今日は、性交痛と女性の身体についてお伝えしたいと思います。 ジョン&マリーは潤滑ゼリーラブローションの専門ブランドからスタートしました。現在はデリケートゾーンケアなどの女性のためのセクシャルコスメとして、幸せなパートナーシップの提案をしています。     |性交痛は男が想像するよりも100倍痛い! 経験の浅い女性や付き合って初めてのラブタイムは、女性は緊張して体が硬くなってしまって濡れにくい時があります。年齢に関係なく体質や体調によって、濡れにくくなる女性もいます。女性の3人に1人は、セックスの時に痛い思いをしたという調査結果もあるほどです。男性はそのことをはわかってあげてください。   男が思っている以上に女性は潤い不足で悩んでいる。そして濡れたら挿入OKではないということです。   濡れていても挿入までは時間をかけて優しく愛撫をしてあげてください。女性が「もう入れて欲しい」と言うサインがあるまで体の緊張がほぐし、全身の肌がしっとりするまで待ってあげてください。   目がうつろになり唇が開いて潤い、もうダメ! それが入れて欲しいサイン。それが挿入のタイミングです。   経験の浅い女性は、緊張がなかなか解けないから、そのタイミングがわかりづらい。女性の方もいつ来て欲しいのかわからない。そんな時は無理をしないで、「入れていい」と言って心の準備をさせてあげてください。   緊張をほぐすために、笑いやユーアモも交えて楽しい雰囲気を作ってあげてください。セックスで痛い思いを経験させないようにしてあげてください。セックスは気持ちいいこと、男女が愛しあい喜びに満ちた行為だということを男なら教えてあげてほしいと思います。   でも、どうしても痛い時は我慢しないで潤滑ゼリーやラブローションをつかってください。彼に悪いからと言って痛いのを我慢したりしないでください。   と、いうことで! 男はコンドームを準備するように、これからはラブローションや潤滑ゼリーも一緒に用意してあげてください。そんな優しい男性なら、女性も心を開いてウットリします。「この人は、私を大切にしてくれているんだ!」女性にとってこの気持ちが一番嬉しいんですね。     20代30代でも初めての時や緊張した時、ストレスのある時は女性は濡れにくくなります。濡れないと当然痛い、性交痛になってしまいます。   性交痛は、男が想像するよりも100倍も痛い! 野球で睾丸(金玉)にボールがあたったくらい痛い!あの痛みが1日中続くと思ってください。拷問ですよね!(笑)   もし、最初のセックスの相手がそんなことを無視して、無理やりに挿入してピストン運動するような男だったら、その女性は一生セックスは痛いもの苦痛なものだと思ってしまいます。   そんなことにならないためにも、男なら無添加のラブローションや潤滑ゼリーをコンドームと一緒に用意して女性の気持ちを安心させてあげてください。   痛そうなら、少し塗ってみる。それだけでも違います。   女性の愛液が乾いてくると、当然ピストン運動は痛い。男にとっては気持ちいいかもしれませんが、女性にとっては拷問のようなセックスになります。     女性も遠慮せずに、痛い時は潤滑ゼリーやラブローションを使ってほしいと、彼に言いたいけれど言えないのが女心。 男も女性が気持ちよさそうにしている姿を見るのが大好きです。女性が気持ちよく感じて、イク姿を見るのが男だって嬉しい。   女性が痛い時、濡れない時は無理に挿入せずに愛撫やクンニでいかせてあげてください。女性もどうしても痛い時は、フェラチオで男をイカせてあげてください。フェラチオは男にとって、最高にいいものです。この女性は俺のもの、そんな征服感が男の気持ちを満足させて、二人の中をより深くしてくれます。   セックスは二人で工夫するもの、思いやりのある愛を育んで、セックスはこんなに気持ちよくて素敵なことだと知ってほしいと願います。   |女性の性には4つに気質がある ①南の島の太陽のように熱い女性 ②ろうそくの灯のように、優しくしないと消えそうな女性 ③炭火のように、いつまでも温かい女性 ④マッチのように、パッと火がついて燃えて消える女性   女性の性の研究をして、女性には4つの気質があることを発見しました。   彼女の性格がどの気質なのか?を知っておくこと。表の普段の性格と裏の性的な性格の違いを知ることはとても大切なことです。   表の性格は清楚、でも裏の性格は意外と大胆で情熱的な女性もいます。その反対で表の顔はいつも元気でセクシー、でもベッドの上では静かで子供っぽい女性もいます。   女には二つの顔がある。 表の顔と裏の顔。   男はその違いを知って、女性を理解すること。 女性なら、自分がどのタイプの女なのか?を知って彼と上手くお付き合いすること。彼に知ってもらう事!   ①南の島の太陽のように熱い女性 このタイプの女性は、おおらかで愛が深い。明るい性格なので人間関係も良好で姉御肌。女性から憧れられるタイプ。   表の顔も裏の顔も、あまり違いがないからとても分かりやすい。でも、物事をはっきりと言うから器の小さな男には扱い方が難しい。男の思う通りにはならない、恋も仕事も本能のままに行動するタイプなので、男の方が尻に敷かれてしまう。   セックスも本能が好き小細工がきらい。演技なんて絶対しない。恋多き女性のように勘違いされますが、実はとても繊細な女性。   弱点は友達の時は良かったけど、彼女や妻にするとハートが熱すぎて時々逃げ出したくなる!(笑)   いつまでも飽きない楽しい女性なので、一度このタイプの女性とつきあうと男が離れないのが特徴。いつまでも愛されるタイプの女性です。     ②ろうそくの灯のように、優しくしないと消えそうな女性 自分に自信がないタイプ。 セックスの経験も少ないから、どうしていいのかわからない。いつもドキドキして人間関係も苦手な人が多い。   友達とも本音で付き合うことが少ないので、恋愛も受け身がちな人が多い。求めてしまうので、答えを出すまでに時間がかかる。   このタイプの女性とつき合うなら、男はいつもろうそくの灯が消えないように、優しく守って接してあげること。そうしないとすぐに消えてしまいそうになる。自信が芽生えるように接してあげること!   いつも「キレイだよ、すごいね」「頑張っているね」と言ってあげるだけで自信がついてくる。与える喜びを知らない子供のような女性、自分に自信がつくまで甘えさせてもらえる男性とつき合うとうまくいく。   そしていったん、好きになると一途にずっと思ってくれるタイプなので、怒ったり叱ったりしてはいけない。優しく見守ってあげることでいい関係がつくれる。セックスでは真っ白なキャンパスのような女性。男が自由に色を付けられるので男も楽しみ!   男性経験を積めばセックスが一番好きになるタイプ、ラブグッズで楽しむのも好き。いい男と出会えば、運が開けるタイプでもある!     ③炭火のように、いつまでも温かい女性 このタイプは母性が強い女性。 私生活でもセックスでも男に尽くすタイプ!友達も多く、信頼されているのでしっかり者が多い。強引にアプローチをかけられると、好きになってしまうタイプ。愛されるよりも愛するほうが好き。   母性が強いので、彼の家に遊びにいっても掃除をしたりして家を片付けてしまう。セックスでも彼が喜んでくれるなら、どんなことでもしてあげたい。弱点は愛しすぎて、愛のバランスが崩れてフラれてしまうことが多い。   尽くしすぎとダメ男を好きになる傾向が強いので注意! でも、妻にするならこんな女性が安心できる。ちなみに料理も上手いタイプが多いのもこのタイプ!   男を支えてあげられる器量があるので、一緒にビジネスを大きくする。そんな女性にもなれる。男で将来、経営者になる夢があるならこのタイプの女性を妻にするといい。     ④マッチのように、パッと燃えて消える女性 世間では恋多き女!と言われるタイプです。 オシャレでセンスもいい。マッチのように、パッと恋のスイッチが入り熱く燃える。燃えるのも早いが冷めるのも早い。悪女に思われがちですが、実はそうではない。心に素直に生きている女性。   恋に年齢や外見はあまり意識しないタイプ、少し変わった風変わりな男に惚れる傾向がある。   一般的な男は、この手の女性は苦手。作家や芸術家や音楽家やデザイナーとか研究者とか考古学などの仕事している男には魅力的にうつるタイプ。むしろこれぐらいの女性の方があっている。   セックスも好きなタイプが多いので、セックスレスになることはない。子供が産まれると変身するタイプでもある。子供が大きくなると姉妹のように一緒に遊べる女性。   この手のタイプは誤解を、生みやすいので注意が必要。それを理解してくれる男なら、いつまでもいい関係を築けられる。ハマれば意外と一途なところもあるのが特徴!   頑張ってみるけれど良き妻になれないので、炊事・料理は期待しない方がいい。     女性の4つの気質お伝えしました。あなたはどのタイプでしたか?   自分がどのタイプな女なのか? 彼女がどのタイプなのか知って、女性を理解してあげてください。   女の表と裏の二つの顔を知って、女性の4つの気質を理解して結婚も仕事もセックスも楽しんでください。   好きな女性が、感じてのけぞる姿を見たことがありますか? 妻が大きな声を出してイク姿を見たことがありますか? 彼女と気を失うほどのセックスをしたことがありますか?   そこに行くまでには、どんな女性も時間がかかります。セックスとは女性の心と身体が解放される唯一の行為です。セックスで感じ合うことは素敵な事、ゆっくりと恐れずに愛を確かめ合ってください。     性交痛は男が想像するよりも100倍痛い!実はかなりの女性がセックスで痛いおもいをした!という声をお聞きしたので今日は書いてみました。その理由が最初のセックスで強引にされた人が多いようです。出産後もできるものならセックスをしたくない。という女性も多いとお聞きました。   そんな悲しい結果にならないためにも、優しくシャボン玉に触れるように女性を扱ってあげてください。 セックスは最高に尊い愛の形です。     大切な人を性交痛にしないためにも!   ジョン&マリーの潤滑ゼリーラブローションはオーガニック95%以上。女性の肌に安心してお使い頂けます。女性のデリケートゾーンの経皮吸収は皮膚の42倍、だからとことんオーガニックの品質にこだわりました。   パラベン・合成剤・添加物・動物性成分などの化学物質は一切使用していませんので、安心して楽しいセクシャルライフを満喫できます。   一家に一本! 潤滑ゼリーで夫婦円満! 是非、一度使ってみてください!

>記事を読む

「男と女の幸せのレシピ」でおなじみのジョン&マリーオーガニック社長ジョン・サンデーのブログへ、ようこそ!   僕たちはセクシャルコスメの専門ブランドとして、日本で初めてのオーガニック・ラブローションやデリケートゾーンケア、バストアップケアなどの無添加コスメを通して、男女の恋とセックスと永遠に愛される女性としての生き方をお伝えしています。   そんな中で、お客様から大人の男女が集まってセクシャルな話の出来るオシャレなパーティを開催して欲しい!と要望があり「秘密のセクシャルパーティー」を企画して3か月がたちました。   60名の男女が参加。新商品の「マシュマロ美乳ケアのバストリッチエッセンス」「美尻&美脚ケアのヒップ&レッグスリムジェル」も発表して楽しいPARTYとなりました。   参加者は20代~60代の主婦や会社員、経営者、デザイナー、美と健康の専門家や医療関係の方など様々。終始、和やかな雰囲気で楽しく盛り上がることが出来ました。     今日はそのパーティで話した内容を文章にまとめて欲しい!と言われ、やっと文章にすることが出来たのでお伝えしたいと思います。     |85歳の女性に学ぶ、運のいい女の秘密とは? 今から40年ほど前、僕がまだ高校生だった頃、伯母から聞いた話なんです。 伯母はすべての幸せを手にしている女性、誰もが憧れる女性です。   ある日「どうしたら伯母さんのように、お金持ちで幸せになれるの?」そんなことを子供ながらに聞いたことがありました。   伯母は、フランス出身の世界的な女優「カトリーヌ・ドヌーブ」のような雰囲気の女性。   ~カトリーヌドヌーブとは、10代のころから映画に出て、ミュージカル映画『シェルブールの雨傘』のヒットで世界的スターになった女優。1992年の『インドシナ』で米国アカデミー賞主演女優賞にノミネート。1998年の『ヴァンドーム広場』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞。 プライベートでは1965年にイギリスの写真家デビッド・ベイリーと結婚。フランスの世界的ブランドであるイヴ・サン=ローランの顧客としても有名。~     そんな伯母ですが、災難が降り注いでも、いつも軽やかに優雅に生きている。そんな不思議な人でした。     そんな伯母から教えてもらった、女性が幸せを手に入れる秘密とは?   幸せになる秘訣は二つあるのよ! ひとつ目は外見!   外見を整えるの、どんな時にもゴージャスにエレガントに見えるように振舞うの。そう、どんな時にも!そこがポイント!そして、その中でもっとも大切なことは口元。唇の口角をキュンと上にあげていつも優雅でいること。これで女の幸せの半分は手に入るの!   イヤなことがあってもよ。でもね、ほとんどの女性は嫌なことがあると、すぐに口をへの字にするでしょ。 そうすると、運が逃げていくのよね!   唇の口角をキュンと上にあげることは女として生まれてきたプライドなの。批判を浴びたり、小バカにされたりすることもあるでしょ。そんな人たちと出逢っても、自分の品格を下げないで、優雅にキュンと微笑んでいるのよ。     意地悪な人達と出逢っても、自分の運を逃がさないようにするの。 人の悪口を言う人って、自分の運を下げていることに気が付いていないの。だから幸せが手に入らないの。     だから、あなたも女性を選ぶときは、唇の口角がきゅんと上にあがった女としてのプライドを持っている女性を選びなさい!   そんな女性とのセックスなら、あなた(男)の運気も上げてくれるから!     そんな女が幸運の女神なの!     そして、後の半分は?   それは心の持ち方!   何があっても、どんなことがあっても、泣きたくらい辛い時も、悔しくてどうしようもない時も、自分自身に「私は幸せなの!」と言い切るの!   負けそうになって泣きたい時も、言葉にだして言うの!   ”私は最高に幸せ” ”私は満ち足りている”   決して、 自分を不幸にする言葉を使ってはいけないの!   言葉は自分自身を幸せにするために使うもの。そして、人を幸せにするために使うのよ!     この二つのことを毎日行えば、女が望むすべての幸せは手にはいるのよ! 私のように!   え?これだけ? そう!これだけで!   でもね、ほとんどの女性はわかっていてもしないの、つづかないの。 だから、幸せがあと少しで手に入るのに、あきらめてしまうのね。 残念よね。   いいところで逃がしてしまうのね! そして、自分を責めてしまう。   人と自分を比べて、なぜ?ワタシは運が悪いの?って     確か、叔母とはこんな会話だったと記憶しています。   伯母は僕の母の実姉。そして若い時からず~っと億万長者で、85歳を過ぎた今でも週に2度は真っ白なベンツに乗って、ゴルフに行くアクティブな女性です。(ちなみにゴルフの平均スコアは93です)     それから、叔母をみて思うことは、物事にあまりこだわらないユニークな性格。 ●炊事・洗濯をしているところをみたことはありません。 ●料理は下手、だから料理はしない!(笑) ●人の悪口を言っているところを見たことはありません。 ●いつもすぐに感動して涙を流します。 ●困っている人がいたら、すぐに手を差しのべます。 ●口癖は「元気を出しなさい!」 ●息子の嫁達とは仲良くなれないと知っているので、一緒に暮らすなんて考えない。 ●85歳の今でも一人暮らし、忙しすぎて寂しさを味わう暇なんてない。 ●何度も死にかけているのに、何度も不死鳥のごとく生き返ってくる!(笑) ●神さまには毎日、手を合わせています。 ●占いが大好き、焼肉が大好き、ゴルフが大好き、楽しいことが大好き、洋服が大好き、宝石が大好き。     自分に嘘をつかない、難しいこと複雑なことは大嫌い。とにかく今しか生きていません。過ぎ去った過去の話はしません、だから後悔もない。未来の話もしません、目標とか計画とかもたてません。だから心配もない。   掛け算、割り算は出来ないけど、億万長者です(笑)   ホントに不思議な伯母ですが、とても幸せな女性。そして誰からも好かれている人気者です。     そんな伯母の家に、いつも遊びに行っていました。 今でも子供扱いですが、会えば未だに「元気を出しなさい」と言われます(笑)     結婚式の時に伯母から言われた言葉があります。 「今が幸せなら、過去はすべて幸せ」 「辛いことも沢山あるけれど、今が幸せならすべてが幸せに変わります」     今を幸せだと思うこと、今この瞬間を豊かだと思うことで、人は誰でも幸せになれる。お金も成功も幸せも手に入ることを伯母から教えてもらいました。   人の運命は決まっているかもしれませんが、何度も不死鳥のごとく蘇っている伯母を見ていると寿命も運命も考え方ひとつで変えられるように思います。(笑)   そのコツは、唇の口角をキュっと上にあげて、私は幸せだと大きな声で言う事!   こんな簡単な事で女性の幸せが手に入るなら、ぜひ試してほしいと思います。 お金は一切かかりません!損はありませんから!     今日は学生時代に、伯母から学んだ女性が幸せになる方法をお伝えしました。85歳の伯母は、永遠に死なないと思えるくらい今も元気です。   そして、そんな伯母に育てられた子供たちも、みんな幸せなお金持ちになっているので伯母の言うことは正解だった!(笑)と思います。     ”自分に魔法をかける”  運のいい人は、自分に幸せの魔法をかけている人です。 かけた魔法を疑わない人です   運の悪い人も自分に魔法をかけるのですが、その魔法の効力が表れる前に疑ってしまうから、何も変わらないんですね。   例えば、ジョンマリでは美肌研究家のプロに頼んで、つるつるスベスベお肌に関する勉強会も開催しています。ニキビや肌荒れで悩んでいた女性が、お肌のプロの先生にアドバイスを受けて、毎日丁寧に1年ほどケアをすると、別人のようにツルツルの白肌に変わります。   「ツルツルの白肌に変わるんだ!」と自分に魔法をかけてスタートするんですが、上手くいかない人って途中で「やっぱりムリ」と止めてしまうから、何も変わらないまま終わってしまう。   自分に魔法をかけて信じて行動した人だけが、1年後にツルツルの白肌を手に入れる そして、人生が変わるんですね!   当然、白肌を手に入れるためには、お酒を止めたり食を変えたり、不規則な生活習慣を変えたりしなければなりません。自分を変えないといけません。   自分に魔法をかけるというのは、自分のこれまでの行いをチェンジすること! 変えられた人、頑張った人に、神様から幸せのギフトが届く!   最後まであきらめなかった人は、自分を信じることができた人なんですね。     ニオイ・黒ずみのデリケートゾーンでもそうですが、日々ケアをしていると女性特有の若返りホルモンが分泌され、少しづつですが身体に変化が表れてきます。   セックスもそうですが、女性は45才を過ぎれば美と健康のためにも定期的にセックスをした方がいいと思います。   SEXをする⇒女性器がマッサージされる⇒血行が良くなる⇒冷え・乾きが改善される➡体が潤って、美と健康が手に入る!➡若返る!   美と健康のためにも月に2~3回はSEXをすることが大切だと性医学でも言われていますが、できれば最低でも週に1度は愛し合って欲しいと思います。     最高に運のいい女の秘密とは! ①唇の口角をキュンと上にあげる ②「私は幸せだ」と言い切る ③週に1度は愛し合う   ちなみに、伯母は伯父が亡くなるまで、週に一度以上は必ず愛し合っていたそうです。   最高に運のいい女になって、ステキな人生を楽しんでください。 伯母のように夫から「幸運の女神」と言われる女性になって、すべての幸せを引き寄せてください。   女は美しくなるために、生まれてきたのだから! 自信をもって”私は美しい”と言える女性になってください。     |女性の美には4つのステップがある! 第1ステップ(外見 センスの良い女性)洋服から美しくなる 第2ステップ(外見 綺麗な女性)メイクで美しくなる 第3ステップ(内面 素敵な女性)心を磨く 第4ステップ(内面 魅力的な女性)セクシャリティを磨く   ジョン&マリ&ーは、第4ステップの、女性の美の最終段階であるセクシャリティ(セックス)の提案しています。   あなたが今、どのステージにいるのか?   第1ステップと第2ステップは外見の美、第3ステップを学ぶと女性は内面からの美しさが輝きだします   魅力的な女性というのは第4ステップのセクシャリティまで進んだ女性です。第4ステップを経験して女性は外からも内からも女性性が輝きだします。   ジョンマリは第4ステップの女性のために考えた、オーガニック95%以上のセクシャルコスメの専門ブランドなんです。   日本の女性は第3ステップを最終段階と考えているようです。フランスやイタリアの女性が魅力的なのは、幼いころから第4ステップまで学ぶことを知っているからなんですね。10代、20代から第4ステップのセクシャリティを磨いているから魅力的な女性が多いんですね。   日本女性は40代になって、美魔女とか言われてやっと学び始めています。   美しく魅力的な女性というのは、この4つのステップをバランスよく磨いている人のことです。   センスの良い女性、綺麗な女性として外見だけを磨くのか? それとも素敵な女性、魅力的な女性として、心やセクシャリティまでの内面も磨くのか?   *外見は奇麗なのに、モテない人は内面が磨かれていないからです。 *ナチュラル志向の人は内面は輝いているので、外面の美とセクシャリティを気にかけることで女性としての魅力が増してきます。   外見と内面の両方を磨くこと。   女の4つの階段を、自分のスピードで楽しく昇っていってください。   第4ステップの(内面 魅力的な女性)セクシャリティな女性は、デリケートゾーンのケアやバストケアなどのボディのお手入れも欠かさずされている方が多いようです。   もし、セックスレスなら第4段階のセクシャリティを磨く、デリケートゾーンのケアをすることをおススメします。デリケートゾーンのケア始めると、女性性がアップして色気がでてきて、旦那さんが襲ってくるかもしれませんよ! 久しぶりに襲われた~って喜んでいるお客様も沢山いますから!     今日は「最高に運のいい女の秘密、女性の美しさ4つのステップ」をお伝えしました。 伯母は「4つのステップ」の大切さを知っていたんですね。 だから、魅力的な女性になれた。 だから、美も幸せもお金も手入れることができた!と思います。     外見のファッション、顔と髪、内面の心とセクシャリティの4つのバランスを自分らしく磨いていくことで、女としての生き方が変わる!   いつまでも魅力的な女性でありつづけ、永遠に愛される女として人生を楽しんでください。皆様のセクシャルライフをサポートできることを心より嬉しく思います。   *3月4月の月間人気ブログ「セックスとスピリチュアルと男と女」もお読みください!

>記事を読む

「令和」という新しい元号。 海外では「ビューティフル・ハーモニー」と表現しているようです。   デリケートゾーン、ラブローションの専門ブランド「ジョン&マリー社長ジョン・サンデーのブログ」へ、ようこそ!     |愛の本質とは何か? ジョン&マリーの基本コンセプトになった20年前のハリウッド映画があります。   恋とは何か? 足が地につかぬ想い。恋に酔い、我を知らず歌い踊る気持ち 目もくらむような恋の興奮は?   恋は情熱だ!   相手無しでは生きられないと言う想い 無我夢中で互いにのめりこんでいく 頭じゃない、ハートの声を その声が聞こえるか? その経験のない人生など、恋を知らない人生は意味がない その努力をすることが生きるってことだ 心をオープンにいつか稲妻に打たれる……   こんなセリフから始まるラブロマンスですが、この映画が上映されたのは元妻と結婚したころだったと思います。   この映画を見た時に、元妻から言われた一言があります。   愛の本質とは何か? という場面で主人公が語ります。   好きなものを奪う? それは愛じゃない それは一瞬、目がくらんだだけだ!   愛の本質とは、生涯をかけて相手への信頼と責任を全うすること そして、愛する相手を傷つけぬこと それに無限と永遠を掛ければ、愛に近づく     映画を見終わった後に、「私を傷つけないでね」と元妻に言われたことを今でも覚えています。 その時は「ああ、大切にするよ!」と約束したのですが、実際はゴジラとガメラのような喧嘩ばかり。 結局、たくさん傷つけてしまって……     映画のようにハッピーエンドにはなりませんでしたが、今思うことは夫婦というのは、考え方や育った環境が全く違う二人が出逢い、共に暮らしながら違いを認めあっていくことだと思います。   そして相手を変えようとしないで、お互いをさらけ出す。 恋人や夫婦の一番の問題は、相手を変えようとして悩む。     「ケツの穴まで見せ合うのが夫婦だ」と言った作家がいますが、その通りだと思います。 「お互いのケツの穴の秘密までもさらけ出すこと」「より深い部分までもわかり合いたい」だから喧嘩する。 ケンカをしてより深くわかりあう。     ケンカしてぶつかり合い、覆っている殻を破って本当の自分たちを発見する作業のようなものかもしれません。 何度も何度も言葉を交わして、より絆が深くなっていく。   ケンカしない夫婦は仲良くなれないと言いますが、まあでも離婚しない範囲でほどほどにしたいものですね!(笑)     そして、 大切なことは、喧嘩した後の仲直りのルール(詳しくはこちらから)を決めておくことですね! ケンカしない夫婦はいないから、ケンカした後をどう上手く仲直りするのか?それが大切な事だと今は思っています。   仲良くなる方法、人間関係を円満にする方法、喧嘩しない方法などの本は山ほどありますが、ケンカした後の仲直りの方法は意外と誰も教えてくれない。   「感じるセックス、楽しいセックス、満足するセックス、仲良くなるセックスも同じ」そんなセックスのことも誰も教えてくれない。     料理学校で美味しい料理は学べても、美味しいセックスのレシピなんて誰も教えてくれないし学べない。 ほとんどの人はぶっつけ本番、曖昧なままエッチをしている。それがセックスだと勘違いしている。 ジョンマリの社長の僕もそうだったように!     ジョン&マリーは、 ①男女の恋愛からパートナーシップの悩みの解決! ②愛のあるセックス、感じるセックスとは! ③女性が永遠に愛されるためには! ④男の使命は女性を大切にすること!   この4つの提案をして、そのためのオーガニック・セクシャルコスメの開発をしています。   女性は初めてのセックスでは緊張して濡れにくい、濡れない時もあります。   そんな時は無理に挿入しないで、時間をかけたり愛撫だけでもいい、潤滑ゼリーやラブローションを使ってみてもいい。 セックスで男はコンドームを用意しますが、それと同じようにラブローションも用意する。そんな思いやりがある男達が増えることを願っています。     そして、どんなに素晴らしい高価な化粧品よりも、女性がキレイになる一番の秘密は男性からの愛のある言葉だと思います。   それが好きな人なら効果は絶大、これ以上の美容液はありません! 愛されている女性は世界で一番美しい。放つオーラは光り輝いています。 愛されて美しく輝く。それが女性だと思います。     男なら、妻や恋人が喜ぶポイントや悲しむポイントが何か知ることは大切な事です。どうすれば妻は嬉しいのか、どう言葉をかければ喜んでくれるのか!   夫婦はいつも一緒にいることが当たり前になって、空気のような関係になってしまいますが、昨日よりも今日が1mmでも大切にされているという実感を感じることができれば、女性は幸せを感じます。   褒めること。 褒め方が分からない時は、妻に聞けばいい。     日本の男は褒めて伸ばすことを嫌いますが、それは日本の社会が「欠点を見つけて改善することを良し」とする考え方が未だに根強くあるので、夫婦の関係でも善悪のジャッジをする。良い悪いの判断をしてしまうようです。   もうそろそろ時代も「令和」になったので、そんな古い時代の考え方をやめて、これからの時代は男は女性を褒めて美しく輝かせる。それでいいと思います。   「令和」という時代は、男が女性を褒める時代。 ビューティフル・ハーモニーとは「幸せな恋人たち」と解釈してもいいかもしれませんね!   愛の本質とは何か? 映画の中では「愛する相手を決して傷つけないこと」ですが、でも傷つけてしまうのが未熟な私たちです。 傷つけようと思ってなくても傷つけたり、誤解したり勘違いされたりするものです。   だから大切なことは、もし傷つけてしまったらその後どうするのか? その答えを用意しておくことで、傷つけることが少なくなるように思います。     以前、こんなことがありました。 クリスマスの日にかなり奮発して、彼女の好きなブランドの服をプレンゼント、でも色が気に入らなかった。 僕も迷った色だったのですが、やっぱり気にいらなかった。   そして、 「返してきて」の一言で僕の怒りが爆発、せっかくのクリスマスの日に大ゲンカ! でも、彼女の言い分は「まだ私の好みの色を、わかってくれてないの!」それが彼女の悲しかった原因。     女心は難しいと思った瞬間ですが、友人の女性達に聞くと皆さん「わかる~!女ってそんなものよ」と!   そうか、そんなものなのか!   男の僕には理解不可能ですが、そんな時に間違えた時の答えを用意しておけばいい。 「ごめんね、好みの色を間違えてしまって」と、ぐっとこらえて「今度、好きな色を一緒に買いに行こう」と言えばいい。たったそれだけのことですが、それが出来ない(笑)   そうすれば、せっかくのクリスマスも楽しくできたのに!   何事も経験ですね!(笑)     |愛もセックスも本能がいい! セックスでもマニュアル通りに髪に触れて、キスをして、体を愛撫して、アソコをじらしてGスポットを…などなど。マニュアル本に書いてある通りに進める男性もいると女性が言っていました。   笑えない話ですが事実です。   どうすれば感じるのか? どうすれば喜ぶのか?   女性によって感じる部分も違うから、目の前にいる女性に聞けばいいのに、マニュアル本やAVのセックスを真似しているだけのセックスをしている。   夫婦なのに、フェラをしてほしいのに「してほしい」と言えない男性もいるようです。 ケツの穴まで見せ合うのが夫婦であり恋人です。下品ないい方かもしれませんが真実です。     本能を見せあうのは、勇気のいることだと思います。自分の中にあるすべてさらけ出して、認めあい愛し合うことは、とても怖いことですがセックスで「つながる」って感覚はそんな恥部もさらけ出して体験できることだと思います。   好きな女性の、あらわな姿を見たことがありますか? 好きな女性が、感じてヨガル姿を見たことがありますか? 好きな女性が、本気でイク姿を見たことがありますか?   プラトニックなセックスもあります オーラルなセックスもあります。 アブノーマルなセックスもあります。 他人が見れば変態と思われるようなセックスもあります。   どんなセックスもいい、そこに愛があればいい。そう思います。     |女性100人に聞きました。こんな男性とはセックスをしたくない! 仕事がら、女性とセクシャルな話をする機会が多いのですが、そんな女性達にモテない男、嫌いな男とは?をお聞きしたので少しご紹介します。   ①自慢ばかりする男とはセックスをしたくない ②本で読んだことを丸暗記して自分の言葉のように話す男とはセックスをしたくない ③誘って割り勘するような男とは、セックスしたくない ④自分本位な男とはセックスしたくない ⑤揚げ足を取る男とはセックスしたくない ⑥ブラックジョークが好きな男とはセックスしたくない ⑦否定や批評するような男とはセックスしたくない ⑧夢のない男とはセックスしたくない ⑨下品な(清潔感のない)男とはセックスしたくない ⑩弱い相手には強くでる男とはセックスしたくない ⑪嘘をつく男とはセックスしたくない ⑫大切にしない男とはセックスしたくない ⑬自分の話しかしない男とはセックスをしたくない   以上、女性達の意見です。 その女性達から言われたことは、男の外見はほとんど関係ありません。とのこと! 女は37歳すぎれば、男は外見よりも中身。だということです!     |抱かれたくない男NO1は「自分の話しかしない男!」 セックスレスに陥る男について! なんか最近「俺、モテてないなぁ」と気づきはじめたら、一度自己点検をしてみてください。 恋人も奥さんも相手してくれない。そんな時はもう「抱かれたくない男の癖」が出始めている証拠だそうです。   女性が抱かれたくない男の癖NO1は?   「自分の話しかしない男」だそうです。   女性は話を聞いてい欲しい生き物、それをしないで自分の言いたいことだけを話すだけの男はモテない。当然抱かれたくない。そう女性は感じるようです。   35歳を過ぎると出始めるモテない男の癖だそうです。40歳を過ぎるとほとんどの男に出始める。45歳で気づかないともう手遅れで、50代になるとその癖は自分の一部になってしまい直そうとしてももう直せないそうです。   オジサンを堕とすのは超簡単! 「話を聞いてスゴイって言えば、オジサンはメロメロです!」と女性の言葉。   俺の自慢話を聞いて欲しい=「オジさん」になるということ。     妻からはセックスを拒否され、外でもモテない。俺はモテると言って今日も若い女の子を捕まえて、自慢話ばかりしている勘違いな男。そんな50代にならないためにも、女性の話を聞いてあげる男になることが大切だと多くの女性達が言っています。     ”女性は話を聞いて、褒めて欲しい” 男の意見と批評は要らない。   モテないほど男ほど、自分の話をしたがる批評したがる。 特に若い女性には俺の話を聞いてくれ!と自慢げに自分の話ばかりをしてしまう。   男は自慢したい。   銀座の高級クラブであれば、ホステスの女性も笑顔で「あら、ステキ!」と聞いてくれますが、心の中では「アンタのつまらない話なんて、早く終わればいいのに!」と思っている。(笑)   女性の話を聞かない男はセックスレスになる? なんで妻は俺を拒むのか?それさえも解ららない。     40歳くらいになると訪れる男の危機、モテる男は女性の話を聞く。   「どうしたの?俺で良ければ話を聞くよ」   女性の話や悩みを聞いて共感してくれると女性は嬉しいものです。   誰だって自分の話をしたい!聞いて欲しい!のは皆同じ、モテない男ほど自分の話しかしないから、だからセックスレスに陥るんですね。   女性は話を聞いてくれない男に心を開くことはありません。ましてやカラダを開くことなんてない。大切なことは女性の話を黙って聞くこと。   ただ聞いてあげるだけでいい。助言や意見は要らない。   でも、最後にやっぱり自分の意見を熱く語ってしまうセックスレス予備軍の男達!   そんな男にならないために、 売れっ子のホストは女性の話を嬉しそうに聞くそうです。でも絶対にこびない「この女性に嫌われていもいい」と時には真剣に相手のために注意をすることもあるそうです。   モテない男は自分の話をする、モテるホストは女性の笑顔のために話を聞く。この違いですね!     話を聞いてほしい、良妻賢母な女性ならそんな男の気持ちもわかって、聞いてくれるけどいつかは限界がくる。そうならないために、日ごろから妻や彼女の話を聞いて心を満たしていれば身体も潤う!   そんな男性には、セックスレスはない!     話を聞くっていうのは「女性の心を少しだけ、軽くしてあげること!」。男の余計な意見は気持ちを重くするだけ!モテない50代男になるのか!それとも女性から熱い視線で見つめられるモテモテ50代男になるのか!   どちらの人生を選択するのか? 人生は一度きり、モテないよりもモテた方がいい!   女性の話を聞いて、身も心も満足させて愛を伝える男の生き方もある。「この人はどんなセックスをするのだろう?」って女性が想像するような抱かれたい男になって人生を楽しむ。それも中々いいものだと思います。     |大人の男の愛とは? 男の愛とは、女性の話を聞いて心を軽くしてあげること、そして褒めること。その人の持っている可能性を見つけ育ててあげること。それが大人の男の愛だと感じています。   意見をいったり批評することは、まだまだ若い男のすることだと思います。   目の前にいる妻や恋人の心を明るくすること、それだけでいい。 女性の自信を奪わないことが、何よりも大切な事だと感じます。       最後に、 今日は偉そうに書いています。 ジョンマリの社長は男と女を分かったふりしてと思われるかもしれませが、たくさんの失敗と経験をしたから……。わかることがある。   失敗の経験から学んだこと、感じたことを書いています。 ケンカした後の仲直りの方法やもっと女心を知っていれば、離婚されなかったのに!(笑)   そんなことにならないためにも、ぜひ僕の失敗の経験から学んだ「男と女の幸せのレシピ」を参考にして美味しいパートナーとの関係を築いてください。   料理も男女の関係も、役に立つレシピがあればモット美味しくなる!それがジョン&マリーです。     一家に一本、ジョン&マリーのオーガニック潤滑ゼリー&ラブローションで愛を深めてほしいと思います。 今夜も熱く愛しあってください。   人生は一度きり、男と女はケンカするために出逢うのではない、愛しあうために生まれてきたんです!

>記事を読む

実話をもとにした映画のワンシーンで、ガンで余命半年の主人公が「もし浮気をするなら、妻としたい」というセリフがでてきます。   もし、自分の命があと半年だったら、どうするだろうか? 大切な人と、どう過ごすだろうか? 残った家族の未来に、何を残せるのだろうか?     ようこそ、ジョン&マリーセクシャルコスメ社長ジョン・サンデーのブログへ!   頑固者の父が、母に伝えた最後の言葉は 「幸せに出来なくて、ごめんな」 「お前と出逢えて、幸せだったよ」 と言ってこの世を去りました。   出来れば、もっともっと幸せにしてあげたかった。それが父の本音だったと思います。   心の奥底で思っているけど恥ずかしくて、妻に甘い言葉も優しい言葉もかけたことがない男、そんなシャイで武骨な硬派な男たちの生き方もあると思います。   でも、どんな男も最後に伝えたい妻への気持ちは「感謝」しかないんだと思いました。   「もう、苦労ばかりかけて…..」 と母の言葉を聞きながら、笑顔で目を閉じた父の顔は今でも覚えています。   誰だって大切な人を幸せにしたい、苦労なんてさせたくない。男はみんなそう考えているのだと思います。     長い人生の中で本音で語り本気で愛し合う。そんな人と出逢える。 それが、幸せな人生だと感じます。     今日は、先日出逢った年の離れたご夫婦をご紹介したい思います。   妻37才、旦那75才。年齢差38才   結婚6年目、子供一人。 幸せに満ちあふれているご夫婦。 これほど幸せな女性の笑顔を、僕は見たことがありません。 話を聞いているだけで、幸せな気分になります。   愛することに年齢は関係ない!と小説の世界では何とでも言えますが、現実的にはどうなのか?   その辺のところを奥さんにお聞きしてみると? 「もう、勇気いりました~!」と大笑いする横顔には、女として満ち足りた人生を生きているように思いました。   未来に対して不安もあるかも知れないけど、でもあるのは「今ココ」を生きていくパワーと未来の不安を吹き飛ばす笑顔。そんな感じの印象を受けました。   軽やかで、素直で、大地に根をおろして生きている。 そして、超美人!     二人のことを少しだけ説明すると、旦那さんのお仕事はお茶の栽培と加工。 結婚後すぐ震災で工場から家からすべて失い、大きなマイナスからの再スタート。 多額の借金をして工場を再建して、ようやくお店をオープン。お茶は無農薬・無化学肥料。   もう、大変なんです~と言いながら、未来にあるのは夢と希望。   大きなものを背負いながら、こんなに笑顔で元気で美しく生きている女性。   こんなに女性を幸せにしている75歳の男の魅力とは? 38歳も年が離れた都会っ子の女性が、この人と結ばれてもいいと決断できた男の魅力とは何だったのか? とても興味がわいてきて、その魅力の正体を知りたいと思いました。     愛の形は人それぞれですが、こんな愛の形もあるんだ! 出来ればこんな男になりたいものだと思います。   女性の立場からすれば、不安や世間の目も、親の反対もあったと思います。   九州の田舎にある小さなお茶の栽培と加工の仕事、彼女も栽培と採取、加工から商品企画・営業とすべてをこなしているようです。子育てと仕事の両方をこなしながらイキイキと日々を生きている。   女としての美しさも忘れてはいない。   元々、都会で美に関する仕事をしていたそうですが、現在はお日様の下で草むしりにお茶の採取、でもお肌は透明感のあるツルツルの白肌。   こんな女性なら、どんな男でも惚れるよなぁ~と思いました。(笑) 75才の老年男が惚れたのも、わかる気がしました。   彼だって常識的な人、葛藤もあったと思いますが、感情が理性を超えたのだと思いました。   「感情が理性を超える」それが、本物の恋だと思う。 そうでなければ、お互い惹かれない。   頭で考えて人を好きになる? そんな恋愛をしている人もいますが、果たしてそれが本当の恋愛だと言えるのでしょうか?   恋愛はハートでしたい。 恋はゲームじゃなく、生きてる証だと思います。 心で感じて、ありのままに人を好きになって愛を知る。   そう感じました。   歳の離れた二人も結婚を決心するまでに、3年ほどの期間があったようです。 その間には迷ったり、悩んだり、喜んだり、悲しんだり。互いの心の整理をするには、そんな時間が必要だったと思います。   そして、感情が理性を超える瞬間が訪れた   この人と一緒に生きたいと。     この二人のように、自分の心に正直に生きることは、とても勇気のいることだと思います。 自分の感情を隠して生きた方が楽な時もありますが、恋の喜びだけは心に素直に生きたその先に味わえるものだと思います。     人生は一度しかない! 「生まれ変わったら、また会いましょう」と言われても! 「前世でもお前、同じこと言って俺をフッたよな!」(笑)   そんな冗談でも言いながら、恋を来世までも持ち越さないで、ぜひ今世で楽しんでください!(笑)     |人の数だけ愛し方がある 桜のように、パッと咲いてバッと散るたった2週間だけの恋愛もある。 二人の先が見えないモヤモヤの恋もあるけれど、桜の花のように咲いて終わる恋もいいものです。   人の数だけ、愛し方がある。 一人の人を一生大切にする愛し方もある 恋多き人もいる。     ヨガにいったジョンマリのスタッフが! 「ヨガに行ったらですね!ジョンマリを知っている方がいて、もうビックリです!」 「社長のファンなんだって、毎日ブログを読んでいるってですよ!」 「ラブローションも買ったことがあって、使っているんですって!」 「敏感肌なので怖かったけど、イイ感じだそうです」 「旦那さんも気にいってて、楽しんでいるそうですよ!」 「おまけに、とっても美人でしたよ!」   え、ホント? 嬉しいね!   俺のつたないブログを、読んでくれている人がいるんだ!   ジョンマリさんのおかげで結婚できました! 旦那と愛し合いました! 子供が出来ました! 彼氏が出来ました! 病院に行かなくてよくなりました!   人に喜んでもらえたり、誰かの役に立っているって、やっぱり嬉しい。 時々めげることもありますが、こんなことを言われると本当に嬉しい!それが人の気持ちですね。     僕は20代の頃、2週間だけの恋をしたことがあります。 親の反対もあって2週間の恋はあっという間に終わりました。それから4年後に、離婚した妻と出会って20年過ごしました。   (*少しだけ詳しく説明すると、その2週間だけの恋の女性とは、2年ほど挨拶だけの日々。 僕が担当するスポーツクラブのメンバーで週3回は必ず来るお客様。    そんなある日、ちょっとしたきっかけで話が弾み2週間後にデートをすることに。でもデートの当日に彼女の親の反対でデートはダメになりました。でもその2週間は夢のような気分でワクワクして楽しかった)   (実は彼女も、僕に会うのが楽しみで来ていた。僕も彼女が来るのが楽しみだった。お互い惹かれあっていたんですね!)   たった2週間の恋もある、20年の恋もある。 叶わぬ恋もある、偶然の出会いと必然の別れもある。   人生とは不思議だと思います。   「男と女は何のために、この世で出会うのか?」   男と女は、悪口を言い合うために、出会ったわけではないのに、ケンカするために、結婚したわけでもないのに。 セックスをするだけ? それだけでは味気ない。   男と女は、 「二人で美しいものを見たり、聞いたり、感動を分かち合うために」人は出逢い恋に堕ちる。そう思います。     愛の形は千差万別、人の数だけ愛の形があります。 人生も仕事も小さな愛の積み重ね、せっかく積み重ねてきたのに、ある日突然、壊れてしまうこともあります。   そんな苦い経験を重ねて人は優しくなって、人の気持ちがわかるようになっていくんですね。(辛いけれど!)     そして、 振り返って思うことは、 小さなプライドを捨てて自分をさらけ出して、枠にとらわれずに自分の個性を出してトコトン生きる。   人の意見なんか気にしないで、自分の目指した道を進んでいく。 仕事も恋も本気で打ち込み、誰かを好きになる。   好きな人がいるのなら、勇気を出して声をかけてみる。 失敗(失恋)したらまた立ち上がればいい。   好きな人の心をつかむことは、たやすいことではありませんが自信をもって前に進んでいって欲しいと思います。   自分らしくあること、これが私なの!と言える恋がいい。でも、そんなに人は強くはない!   落ち込んだら、誰だって愛のエネルギーがほし~い! 愛のエネルギーでまた頑張れる! そんな人と出逢えることが幸せだと思います。     |愛することに国籍も年齢も関係ない その人が好きだから好き。好きになった人の年が離れていたというだけ!   ジョン&マリーと言う仕事を通して、多くの男女の恋物語と触れ合う機会があります。 恋の悩みに効く特効薬はありませんが、ただ言えることは心に素直に人を愛することは素晴らしい。ということ。   人を好きになると、失う怖さで心が不安になったりしますが、そんな不安も跳ね飛ばして「私は最高にいい女」だと思って恋をする!   ワタシを好きじゃない! あ~、きっと恥ずかしいのね! それくらい私のことが好きなのね! いいわ、私も好きになってあげる!   時には、これくらいの強気でいってみる!   今日は、結婚6年目。 妻37才、旦那75才の二人にお逢いして、思ったことを書いてみました。   最後にココだけの話ですが、僕も27歳離れた女性と恋をしたことがあります。だから、言えることがある。   年の差なんて気にすることはない! 外見や容姿も気にすることなんかない! 太っていようが痩せていようが、気にすることはない! 学歴も仕事も気にすることはない! バツイチでも、子持ちでも、ぜんぜん大丈夫!   バツイチでももう一度、運命の人を見つけて人生を楽しもう!   愛しあって、愛しあってトコトン愛しあう! それが人生!   運命の人と出逢ったら、ジョンマリのセクシャルコスメで、熱く熱く燃えてください! 人生は一度きり、愛し愛されて、熱く燃えてとろけ合いましょう!  

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ